お茶請けのお供に紅ほっぺを

いちごの歴史

現在、洋菓子だけでなく和菓子にも欠かせない存在で、お茶請けとしても美味しくいただけるいちごには、紅ほっぺ以外にも数多くの品種があります。そもそもいちごはバラ科である多年草の一種で、オランダイチゴ属の一つです。普段よく食べているのは、花托が成長した花の一部分で、周囲にある胡麻のような粒々が、果実の部分となります。そんないちごには、どんな歴史があるのでしょう。野いちごなど野生で採取できるいちごは、紀元前38世紀にはありましが、栽培されたいちごは18世紀に南米産のいちごと北米産のいちごが掛け合わさって誕生しました。
日本にいちごが初めて伝わってきたのは、江戸時代だといわれています。実際に作られるようになったのは、明治以降に米国や英国、仏国から渡来し、品種改良されたもので、家庭の食卓にのぼるようになったのは、第二次大戦の後だともされています。昭和35年辺りから、栽培技術が確定してきたことから、現在のように生産される量が増えるようになりました。
育成される地方によっては、糖度が高いものや酸味のバランスがいいもの多くの果汁が含まれていて日持ちがいいものなど、様々あります。いちごが市場に出回る時期は、品種によっても異なりますが、平均的には11月頃から翌年の5月です。数年前までは、いちごの主な生産地というと、栃木や静岡、佐賀そして福岡でした。しかし現在では、日本の都道府県独自のブランドいちごが作られています。各県で育成されたブランドいちごによっては、形や大きさ、糖度そして酸味もそれぞれ違います。

紅ほっぺの歴史

近年冬になると、市場などでよく見かける紅ほっぺには、どんな歴史や特徴があるのでしょう。そもそもこの紅ほっぺは、さちのかと章姫を掛けあわせたものです。平成6年に静岡県内で誕生し、平成14年に品種登録されました。名前の由来についてですが、紅ほっぺを食べたときのうまみは、ほっぺが落ちそうになるぐらいの感覚と味わいであることから、この紅ほっぺという名前が付けられました。では、どんな特徴があるのでしょう。外側だけでなく果肉もきれいな紅色をしていていることが一番の特徴です。また糖度と酸味のバランスもよく、甘酸っぱい品種だともされています。サイズはかなり大きく、実の部分だけでなく芯まで赤く、果肉は少々固く、しっかりしていて日持ちしやすい品種でもあります。
いちごは、先のほうが糖度が高く、逆にヘタ側は酸味があるため、先は最後に食べたほうがいいといわれています。紅ほっぺの栄養分としては、ビタミンCが豊富に含まれており、一日にどのくらいの量を食べればいいかと言うと、中の大きさなら多くても6粒、小だと8粒だとされています。いちごを食べることで、身体にもたらしてくれる効果として、ビタミンCは貧血や感染予防アントシアニンが成分の中に含まれていることから、眼精疲労などの回復があります。このアントシアニンが入っていることで、がん予防にも繋がるとも言われています。
主に市場に出回るのは,12月から翌年の5月ぐらいまでとも、1月から4月ぐらいまでとも言われていて、3月が一番出荷の多い頃です。また、1月辺りのものは糖度が高く、一番美味しい時期だともいわれています。静岡県内で誕生した紅ほっぺですが、現在では人気が出てきたことから、静岡以外の地域でも栽培されるようになってきています。

紅ほっぺを和菓子で食べる

とにかく甘いと言われる紅ほっぺですが、旬な時期は1月から3月頃です。そのまま食べるのもよし、ジャムにしてもよし、特にデザートにはかかせません。ケーキなど洋菓子のイメージがありますが、和菓子でも美味しくいただけます。この章では紅ほっぺを使った和菓子をご紹介します。
まず最初は、冬から春にかけた人気商品でもある紅ほっぺを使ったいちご大福です。フンワリとやわらかいお餅の中にあんと紅ほっぺがギュっとつまった大福は人気があり、インターネットでも数多く販売されています。あんはカスタードやこしあんに白あん、抹茶まであり、珍しいものではヨーグルトと合わせたものもあります。控え目なあんの甘さと紅ほっぺの甘酸っぱさがマッチした大福はまさに今がおすすめです。続いては、あんみつです。大福とは違う一味ちがった食感は、白玉とあん、寒天と一緒に食べると爽やかで優しい味わいが人気です。黒蜜をかけると一味変わり、やはりこちらも紅ほっぺとの相性は抜群でしょう。最後は、意外にもどらやきです。こちらはいちごをそのまま使用したものやあんと一緒に練り込まれたものまでいろいろあります。ふっくら焼いた生地の他、紅ほっぺを混ぜ込んだ生地まであり見た目もかわいらしく思わず選んでしまいそうになる商品です。
以上の3種類からも分かるように、紅ほっぺは洋菓子だけでなく和菓子にもぴったりあう優れものです。このような和菓子をお茶請けにしてお茶を飲むのもいいでしょう。補足として、生産地でも知られる静岡がこのような和菓子を多く販売しています。