お茶の旬って?春から秋にかけて楽しめるお茶の魅力


『旬』それは、もっとも味が良く出盛りの時期を指します。野菜や魚など様々な食材には旬があり、季節に応じて旬の食材を頂くのは、非常に楽しみでもありまた、旬の食材は栄養価も高く、健康にも良いとされてます。今回はお茶の『旬』についてご紹介したいと思います。

新茶の時期はいつ?季節によって変わる味を楽しむ


現在では1年中美味しくお茶を楽しむことができますが、本来お茶を摘む時期は4回にわけられます。そうした茶葉を摘む時期によって、一番茶、二番茶、三番茶、そして四番茶と呼ばれます。

一番茶は4月~5月の間に摘まれる新芽を用いて作られ、新茶とも呼ばれます。その年に初めてとれた新芽を使用するため、爽やかな甘みを楽しむことができます。二番茶は6月~7月、夏の盛りである8月~9月頃に採れた茶葉を使用したものは三番茶と言われます。四番茶は秋番茶、秋冬番茶などとも呼ばれ、9月の終わりから10月頃に摘まれたもので、一年で一番後に摘まれた茶葉を使用します。夏の間日差しをずっと浴び続け、カテキンやカフェインが豊富に含まれています。さっぱりとした味わいで程よい渋みを楽しむことができます。

そもそも茶摘みは立春から数えて88日目、つまり八十八夜にあたる日が最盛期とされており、この時期に摘まれた茶葉は広く楽しまれていました。特に八十八夜その日に収穫されたものは不老長寿などの効果があるとも考えられていたなど、縁起物として楽しまれた要素もありました。八十八夜に関わらず摘まれていた茶葉は適度に乾燥や加工をされて夏から秋にかけてもおいしく楽しむことが可能です。

地域によっては気温などの関係から摘む回数が2回になってしまうような地域もありますが、古くは新茶の時期、つまり4月頃に1回だけ摘まれていたとされています。かの徳川家康は4月に収穫した茶葉を熟成させ、秋ごろに楽しんでいたとも言われています。

新茶とは違う!?抹茶の旬は秋にある


茶葉の新茶は4月頃、春から夏にかけての期間となりますが、実は抹茶の新茶は秋ごろから楽しむことができます。茶葉そのものは夏頃に収穫したものを使用しますが、その後加工などを含めて秋頃に抹茶が楽しまれます。抹茶本来の風味を引き出すため、収穫後に熟成保存がされるためです。茶道では「口切り」「炉開き」などとも呼ばれ、10月や11月頃から抹茶の新茶が淹れられます。これらは蔵出し茶、熟成茶などとも呼ばれ、秋頃から販売されるようになります。冬の抹茶はさっぱりとした味わいなため、抹茶があまり得意ではないという方でも手軽に楽しむことができます。

抹茶などに使用される茶葉は覆下栽培という、新芽が出始める4月頃から覆いを使用して太陽の光を遮断して栽培をしていきます。覆いをし遮光し育てるメリットとしてはお茶のうまみ成分の一種であるテアニンという成分が豊富になってくるため、独自の甘味やうま味が増してきます。

先に述べた口切りという行事はその年に収穫された茶葉を使い始める時期で、お茶の正月とも呼ばれます。茶道の世界では正式な行事とされており、この頃に茶室の畳を変えたり障子を張り替えたりするなど茶道室も新たな装いにし、新しい気分でその年のお茶を楽しみます。

保管する環境の構築も容易にできるようになったため季節感に関係なく抹茶を楽しむことができますが、古くからの慣習に合わせて10月や11月頃の抹茶の旬と呼ばれる時期に楽しむことがおすすめです。

秋茶葉を楽しむのであれば深蒸し茶がおすすめ


10月頃は四番茶の収穫の季節、つまり一年で最後の茶摘みを行う季節となります。新茶と比較すると茶葉が固めなのが特徴で、深い味わいで天ぷら、焼き肉といった油分の多い食事の際にもくどくなく、口直し程度に楽しむことができます。緑茶の渋み成分の一種であるカテキンが豊富に含まれており、体脂肪を燃焼させてダイエット効果があるともされています。その他にもカテキンには糖尿病の予防や動脈硬化などの予防にも効果があるとされており、美容と健康に高い効果を発揮します。カテキンをたっぷり含んだお茶を飲みたいという方は熱めのお湯でじっくりと淹れることがおすすめです。

緑茶にはいくつかの飲み方がありますが、四番茶を楽しむのであればおすすめは深蒸しという方法です。通常の煎茶と深蒸し茶はそもそも茶葉を作る工程から異なりますが、淹れ方も異なります。通常の煎茶を淹れる場合に蒸し時間が30秒程度のところ、深蒸し茶はその倍以上にもなる60~80秒ほどの時間をかけてじっくりと味を抽出します。さらに時間を延ばして180秒、つまり3分程度蒸したお茶は徳蒸し茶とも呼ばれますが、このようにじっくりと茶葉を蒸すことで渋味が抑えられてまろやかな味わいを楽しむことが可能となります。

煎茶と深蒸し茶で含まれる栄養素が大きく違うということはありませんが、深蒸し茶は茶葉が細かめに作られていることからミネラルや食物繊維なども抽出されるとされています。癖の少ないさっぱりとしたお茶を楽しみたい、という方は4月の新茶ではなく、秋の新茶である四番茶を楽しんでみるのもよいのではないでしょうか。秋は抹茶もおいしい季節のため、4月に次いでお茶を楽しむことができる季節といえるでしょう。

お茶の里城南では、旬の新茶から深蒸し茶まで幅広く取り揃えております。年に一度の『旬』のお茶、どうぞご賞味くださいませ。