あら茶で楽しむまるごと美味しい自然の味

お茶本来のおいしさを楽しむことができる

あら茶を知っていますか?お茶に詳しい方ならご存知かもしれませんが、普段あまり耳にすることのない言葉でしょう。あら茶とは、茶畑で収穫された茶葉をその日のうちに乾燥までさせて製茶しただけの状態のものを指します。

以前から茶農家ではあら茶が飲まれていましたが、一般にはあまり出回っていませんでした。一般に流通しているお茶は、バランスの良いお茶として販売するために様々な茶葉をブレンドしているものがほとんどで、あら茶を刻んだり他の産地の茶葉とブレンドされたりして加工しています。そんな加工前のあら茶の刻まれていない茶葉は煎茶に比べると大きく、茶畑で育った茶葉そのもののお茶本来の豊かな味わいと自然な風味を楽しむことができると、じわじわと人気が出てきています。

良質な茶葉を摘んだその日のうちに丁寧に加工されているので、普段飲まれている煎茶と比べると茶葉がもっている豊かな味わいをまるごと堪能できると、あら茶に魅了される方が続々と出ています。

また、煎茶と比べると商品化までの行程が短いため値段も安くお手頃価格なので、自宅で飲むお茶としても人気があります。なかには、淹れ終わった茶葉をお浸し風にしたり、ふりかけにしたりして食する人もいます。お茶の風味がいかされているので風味も良く、茶がらまで食べることができるのも魅力的です。コスパも良くて味も良いので普段飲むのに最適なお茶です。今回はそんな、まさに美味しいとこ取りのあら茶の魅力を紹介していきます。

おいしいあら茶ができるまで

全てのお茶の基本となるあら茶は、畑から摘んだばかりの生葉をその日のうちに蒸して揉んで乾燥させて、茶葉の酸化を止める一次加工したものを指します。まず、畑から摘んだばかりの生葉はすぐにあら茶工場へと運ばれます。酸化酸素の働きを止めるため、生葉を蒸します。次に葉の中の水分を乾燥させるため、急速冷却します。急速冷却をすることで、色沢や香味の保持を行います。

その後、冷却した茶葉を数時間かけて揉みます。揉む工程は粗揉(そじゅう)、揉捻(じゅうねん)、中揉(ちゅうじゅう)、精揉(せいじゅう)と細かく分かれています。各工程は熱の加え方や力加減、揉み方を変えて行われ、繊細な薄い茶葉が崩れないよう丁寧に水分を抜いていきます。

揉み終わった葉は、乾燥させて選別し、袋詰めを行い出荷されます。丁寧に加工されたあら茶には茶葉本来のおいしさがぎゅっと閉じ込められるだけでなく、保存しやすくなります。すばやい熱処理と、丁寧に繰り返される揉みによって、お茶の品質が大きく左右されるので、この一次加工は「味・香味・水色」を決める大切な行程なのです。

こうした行程を経ることで、茶農家の方が1年がかりで作り上げた、大切な茶葉そのままの美味しさを堪能できるあら茶が出来上がります。摘んだ生葉をその日のうちに加工することで、新鮮で自然な風味豊かなお茶に仕上がります。

より美味しく飲むためのお茶の淹れ方

お茶にはそれぞれ最適な淹れ方があります。茶葉本来の味を楽しむことのできるあら茶をより美味しく飲むためのコツを紹介します。

まず、大切なのが急須選びです。デザインや使い勝手も大切ですが、急須一つでお茶の味が変わると言っても過言ではないので、急須を購入する際には機能性にも注目してください。あら茶をより美味しく飲むためには「深蒸し茶急須」をおすすめします。網が付いているので手軽に使えて、茶葉が浸透しやすく目詰まりしにくいので、日常的に使用するのにおすすめです。

次に沸騰させたお湯を湯呑の8分目ぐらいまで入れ、80℃くらいまで冷まします。このとき5分程度沸騰状態を続けるとカルキ臭も抜けるのでよりお茶の香りを楽しむことができます。湯呑を温めつつ、お湯の温度を調整している間に、いよいよ茶葉を入れていきます。大さじ一杯程度の茶葉を急須に入れます。濃い目が好きな方はやや多めの茶葉を入れるなど、分量は好みで調整してください。茶葉を入れたら、先ほど湯呑で冷ましていたお湯を急須に入れます。香りを楽しむためにここで押さえておきたいポイントは、お湯の量は急須の7分目までにしておくことです。

茶葉を広げるように、ゆっくりと急須を回し、人数分の湯呑に少しずつ均等にまわしつぎをします。このときに最後の一滴まで注ぎきることが二煎目を美味しく飲むコツになります。

新鮮な香りがとても特徴的なお茶なので、一煎目を淹れ終わったらぜひ急須の中にある茶葉の香りも楽しんでみてください。二煎目を美味しく飲むためには、一煎目を淹れ終わった後に急須のふたを開けておくことです。ふたを開けておくことで急須の中の熱を逃がし、中の茶葉が蒸れすぎるのを防ぐことができます。茶葉が蒸れすぎるとせっかくの美味しさが半減してしまいますので、ふたは必ずあけておいてください。丁寧に入れたお茶はいつもより美味しさがましますので、お茶を淹れる際にはぜひポイントをおさえて美味しさをまるごと楽しむと良いでしょう。