深蒸し茶の豆知識や季節によって違うお茶の楽しみ方

深蒸し茶が健康にいいと言われる理由とは?

深蒸し茶には様々な栄養素が含まれています。飲むことで様々な効果が得られて健康にいいと言われていますが、その理由は何が挙げられるのでしょうか。ここでは深蒸し茶が健康にいいと言われる理由についていくつか述べます。
まず1つ目は食中毒の予防になるためです。食後にはお茶を飲む人たちも多いですが、実はこれは食中毒を予防するために飲むことが多いと言われています。実際に腸炎ビブリオ菌が食中毒になる可能性が高いと言われていますが、腸炎ビブリオ菌は深蒸し茶に含まれる栄養素に出会うと死んでしまいます。食中毒を予防するためにも食後に飲むことをおすすめします。
次に2つ目は歯を強くして虫歯を予防することが可能なためです。歯磨き粉などにはフッ素が含まれていますが、深蒸し茶にもフッ素が含まれています。フッ素の役割としては歯を強くして虫歯にならないように抵抗力をつける働きがあり、虫歯を予防してくれます。またタンニンなども含まれていますが、これは殺菌作用があるため虫歯の予防に繋がるとされています。毎日の歯磨きも大切ですが、細かい部分まで磨けていない場合もあるため、定期的にお茶を飲んだ方がいいでしょう。
3つ目はダイエットの味方になってくれるためです。近年ではダイエットブームが訪れていますが、ダイエットの方法としては数多く存在しています。その中でも味方になってくれると言われるのがお茶に含まれるタンニンです。例えば脂っこいものを食べてしまった場合、お茶を飲めばタンニンが脂肪を分解する酵素の働きを高めてくれると言われています。全て吸収される心配はないのでできる限り飲んだ方がいいでしょう。
最後に4つ目は胃腸の働きを助けるためです。昔はお茶は胃腸薬としても使われていたと言われています。実際にタンニンが胃の働きを活発にし、腸のぜんどう運動も盛んにしてくれます。そのため、便秘で悩みを抱えている人も飲んだ方がいいです。
このように、いくつか健康にいいと言われる理由について説明をしましたが、お茶は人々の健康の味方になってくれる部分もあるため、健康的な生活を送りたい人は生活の中に取り入れるといいでしょう。

美味しい深蒸し茶の淹れ方

深蒸し茶を購入したらできる限り美味しく飲みたいという人も多いでしょう。実際に淹れ方でおいしさが変わると言われるくらい大切な部分になるため、ここでは美味しい淹れ方とは何かについて具体的に説明します。
まずはじめにしておきたいこととしては湯冷ましをするために常温の茶碗にお湯を注ぐことです。常温の茶碗に注ぐことで湯温を下げる効果があるのと、茶碗を温める効果の二つがあります。次に急須に深蒸し茶の茶葉を淹れます。茶葉の量は適量を入れることがポイントです。続いて茶碗のお湯を茶葉の入った急須に注ぎましょう。茶碗にお湯を入れておくことで温度は約80度から90度くらいになり、茶わんの抽出温度として適温になります。お湯を入れたらある程度時間を待ちます。それぞれお茶の種類によって異なりますが、深蒸し茶の場合は約30秒ほど待つのが基本だと言われています。30秒ほど時間が経ったら急須の中身を確認し、茶葉が開いているのを確認します。しっかりと開いていたら最後に注ぎます。淹れ方のコツとしては味や濃さが均一になるように茶碗に均等に廻しつぎして淹れていきます。そうすることで味が変わったりすることもありません。
このように、淹れ方について説明をしましたが、淹れ方を知っておくだけで美味しいお茶を淹れることができます。せっかく購入したら美味しくいただきたいと思っている人が多いため、興味がある方は一度試してみるといいでしょう。

お茶の季節について

お茶は全て同じ時期に茶摘みがされるのかと言うとそうではありません。季節によって異なるため、ここではお茶の楽しみ方として知っておきたい季節のことについて説明します。
まずお茶は季節によって呼び名が変わり、大体4月から5月上旬にかけて生産されますが、この時期のお茶は一番茶と呼ばれます。お茶は早く摘めば摘むほど品質が高いと言われていて、特に4月のうちに摘むことができたお茶は希少価値が高いと言われるほどです。続いて6月頃にも生産がされますが、この時に摘まれるお茶は2番茶と言われています。1番茶に次いで品質が良いとされていて、1番茶と比べるとアミノ酸量はかなり低いですが、カテキン量は比較的多いと言われています。続いて3番茶ですが、これは7月の終わりから8月上旬にかけて摘まれます。地域によって異なりますが、3番茶は来年の1番茶への影響が出ることもあると言われているため摘まない地域もあると言われています。
このように、季節によって呼び方が変わるお茶ですが、含まれる成分も異なるため、お茶について興味がある方は季節のことについても調べておくといいでしょう。