蔵出し茶を味わってみませんか

お茶の起源と歴史を探ります

日本ではちょっと一休みする時「お茶にしましょうか」とか、会話に誘う時「お茶しませんか」などと言い、お茶と言う言葉が日常的によく使われます。また、お茶を濁すとか、へそが茶を沸かすなどお茶にまつわる言葉やことわざもたくさんあり、いかにお茶が日本人の生活に深く浸透しているかがよく分かります。それは昔から日本人が少し休憩する時や会話を楽しむ時にお茶を飲みながら行う、という習慣から来ているのでしょう。茶道のように茶の道を究めるものもありますが、私たち一般人にとってはお茶のひと時は気の休まる時を意味しています。
お茶を飲むという風習は5000年ほど前に中国で農業の神様と言われる神農が薬として広めたのが起源と言う説もありますが、定かではありません。いずれにせよ、中国が発祥と言われ、日本の緑茶もヨーロッパの紅茶もともに中国から伝来したものが広まったとされています。元来の茶樹の原産地は現在もお茶の原生林が広がる中国雲南省だと言われています。日本茶はそれら茶樹を遣唐使や僧侶が奈良時代から平安時代にかけて持って帰ってきたのが始まりとされており、日本原産の自生茶があったという説などもあります。
その昔は茶道のように厳格で儀式的な要素があったようですが、江戸時代になってから庶民にも一般的にお茶を飲む習慣が広まったとされています。 お茶を大きく分類すると日本茶、中国茶、紅茶に分けられますが、もちろん世界には他に様々なお茶が存在しています。さらに日本茶では栽培方法や製造工程の違いにより煎茶や玉露、抹茶などに分かれ、また摘採時期の順番で一番茶や二番茶、三番茶などに分けられます。そして摘んだお茶をそのまますぐ出すか一旦保存してから出すかという出荷時期の違いで、新茶と蔵出し茶とに分類されます。

日本茶にはどんな種類があるのでしょうか

このように私たち日本人にとって深く親しまれている日本茶は、そのほとんどが緑茶で発酵されていないものなので、ビタミンCを含む栄養価の高いものです。その日本茶にはどのような種類があるのでしょうか。
栽培方法や製造工程の違いによって分類した場合、まず第一に出て来るのが煎茶です。日本のお茶生産量の8割近くを占めており、ほどよい甘みと渋みを持つので私たちに最も親しまれている緑茶です。日本茶の最高級品と言われる玉露は独特の甘味と旨味を持つお茶で製法は煎茶と同じですが、新芽が伸び始めた頃から茶樹が太陽光を浴びないようにして日陰で育てられるというような手間暇をかけられて栽培されています。
抹茶も新芽から大事に栽培されるお茶で、その製法は蒸された茶葉をそのまま乾燥させて石臼で挽いて粉末にされており、それをその粉末状のまま飲みます。 その他お寿司屋さんで出される粉茶は玉露や煎茶の製造過程から出た粉を利用したものです。煎茶用の葉が硬くなった茶葉を原料とした番茶や、さっぱりした味のほうじ茶、玄米を緑茶にブレンドした玄米茶など、日本茶は味や色合い、香りもバラエティに富んでいます。
このようなお茶の生産量の4割を占めるのが静岡県で、日本一のお茶所です。静岡県掛川市はお茶の栽培が盛んであり、お茶の葉の部分を使用した煎茶だけでなく、煎茶を精整する際に選別されたくきの部分を使用したくき茶や、葉と芽、茎、粉を選別せずに製品にしたあら茶などがあり、あら茶は長寿の町と言われる掛川の茶農家が普段飲んでいるお茶です。
一方、お茶の出荷時期によっても新茶と蔵出し茶とに分類されます。新茶は言葉通り春に摘まれたお茶がすぐ出荷されるもので新芽のさわやかな香ばしさと若々しい味わいを楽しめます。蔵出し茶とはその春に取れた新茶を低温貯蔵して熟成させたお茶のことを言い、熟れた旨味と芳醇な香りを持つ独特な味わいを楽しめます。

蔵出し茶とはどんなお茶でしょうか

ではその蔵出し茶とはどのような生い立ちがあるのでしょうか。時は江戸時代初期になります。徳川家康は現在の静岡県にあった駿府城に隠居しており、その彼に好まれたお茶が蔵出し茶の原型となったと言われています。当時春の新茶は茶壷に入れて密封され、気温の低い山間地の大日峠のお茶壷屋敷にあるお茶蔵にひと夏の間、保存されたそうです。涼しくなる11月頃に蔵出しされたお茶が山からお城に運ばれて来て、この行事がお茶壷道中と言われました。まずお殿様がお茶壷の封切りをしたので、そのような背景があって秋に初めて飲むお茶は蔵出し茶や封切り茶と呼ばれるようになりました。
このひと夏お茶が低温貯蔵されることを後熟と言います。後熟したお茶は新茶と異なり風味が増し青臭さがなくなり、まろやかな風味を味わうことができます。現代では徹底管理された低温倉庫で最適な温度と湿度で保管されており、より風味のある熟成された蔵出し茶を味わうことができます。
後熟の良さとは何でしょうか。4月下旬から5月上旬に新芽が摘まれ新茶が味わえます。新芽独特の若さのあるさわやかな香りと力強い旨味を楽しめます。この若さあふれる新茶を低温倉庫での永い眠りの過程で、若さや力強さの角が取れて行き、お茶の熟成がゆっくり進行していきます。10月から11月頃に永い眠りから目覚めた貯蔵茶は円熟味の深い蔵出し茶になって出荷されます。果物で言えば新茶は青い果実で蔵出し茶は赤い熟れた果実といったところでしょうか。
お茶の味わい方は人それぞれです。新芽の若々しい香りと旨味を味わいたい人は新茶を好み、円熟味のあるしっとりしたお茶を味わいたい人は蔵出し茶を好むでしょう。しかしどちらもそれぞれ主張する味があるので、両方をじっくり味わって楽しんでみてはいかがでしょうか。