お茶の甘味や渋みから相性の良い一杯を探そう

絶対に喜ばれる贈り物

お茶の産地と言えば静岡を思い浮かべる方が多いことでしょう。日本各地で緑茶の生産は行われていますが、静岡県は品質、量ともに日本一を誇っています。地形や気候などの環境が緑茶の栽培に適しているので、昔からお茶の名産地として知られているのです。日本人に馴染みが深いのはもちろんのことですが、外国の方にも喜ばれる日本茶は、贈り物としても相手を選ばず、用途に合わせて贈ることができるのでとても重宝されています。

そんな静岡県のお茶の歴史は古く、今から1200年前の平安時代に禅宗(臨済宗)の開祖である栄西禅師(千光国師)、京都東福寺開山の円爾(聖一国師)、福岡承天寺開山の南浦紹明(円通大応国師)の三国師と呼ばれる三人の高僧によって中国より伝えられたと言われています。その後、安政6年(1859)の横浜開港で名産地としてその名を轟かせることとなりました。当時、お茶は日本の主要な輸出品のひとつとして、大量に生産を行うようになりました。そのため、お茶の栽培に適している静岡県の各地に茶園を開くことになったのです。併せて品種の改良や機械化などの技術の改善がされたことにより、名産地としての地位を確固たるものにしてきたのです。

日本人に愛されてやまないお茶を作るにあたって、常に品質や安心安全な生産を意識し、多くの茶業関係者のたゆまぬ努力によって、現在では日本の茶生産量の5割、流通面においては7割近くを占めています。名産地としての誇りを守るために、静岡の茶師の方々や茶業関係者の方々の熱い思いが今日まで引き継がれているのです。このような歴史と数多くの方達の努力があるからこそ美味しいお茶が出来上がり、贈り物にすると大いに喜ばれるのです。

気取らない贈り物として人気

お茶を贈るシーンは様々ですが、種類も価格帯も豊富なので、贈る相手を選ばずお歳暮やお中元、内祝いや法事などの行事ごとへの贈り物としてはもちろんのこと、ちょっとした御礼など用途や予算に合わせて用意できることが魅力の一つです。日本人にとっては昔からあるどこか懐かしい飲み物ですが、外国の方は日本の文化的な飲み物と言うことで興味を持っている方も多く、急須や湯のみと一緒にプレゼントするととても喜ばれます。外国の方とのコミュニケーションツールとしても大活躍してくれますので、交流される機会のある方はプレゼントされてみてはいかがでしょうか。

また、最近ではお茶に合うお菓子などを詰め合わせたギフト商品も販売されているので、贈られた方がすぐに美味しくお茶とお菓子を楽しむことができます。お年を召した方にも贈りやすく、敬老の日などにこのようなお菓子がセットされているギフト商品を贈られる方も多くいます。ぜひ里帰りの際などには、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に淹れたての美味しいお茶とお菓子を楽しんでみてください。

お菓子以外にも、外出時に持ち運びがしやすいおしゃれなマイボトルがセットされている商品もあります。最近では、マイボトルを常用している方も多く若い世代を中心に人気があります。専門店が販売しているボトルはエコでおしゃれなだけでなく、機能的な造りで手軽に美味しく飲むことができるものが多く、ボトルだけを購入したいという方もいるくらいです。

種類や価格帯も幅広いので、贈る相手やシーンに合わせて選ぶことができます。同じ原料で仕上げの技術を競う大会で何度も最高金賞や金賞を受賞している静岡が誇る茶師の方たちが仕上げた高級な商品を始め、手軽に静岡茶を楽しめるティーバッグタイプのお手頃価格の商品まであります。どの価格帯の商品も名産地として名高い静岡茶なので、奥深い味わいに満足してもらえること間違いなしです。大切な方やお世話になっている方への日頃の感謝の気持ちとして、日本の心を届けてみてはいかがでしょうか。

機能性食品としても人気

最近では健康志向が強く、食生活にも気を使われている方が多いと思います。茶カテキンや緑茶ポリフェノールなどさまざまな成分が入っている日本茶は、日常生活の中で手軽に摂取することができることからも、理想的な機能性食品としてとても注目されているのです。特にメタボリックに悩む中高年の方には、高濃度の茶カテキンが体脂肪を減らす効果があることからも臨床試験により証明されていて、食事の際などに積極的に摂取されている方も多くいます。サプリメントよりも安心感があり、低価格で入手が容易なことからも、手軽に始められるとして人気があります。

中でも名産地でもある静岡県掛川市の有名なお茶は健康長寿のお茶としても有名で、そのブランドからも信頼性が高く、健康志向の方にも安心して贈り物にできると評判です。愛飲している静岡県民は他の都道県と比較しても肥満度も低く、がんの標準化死亡率も低いことでも注目されています。まだまだ研究途中ではありますが、その要因として静岡茶を良く飲むからではないかと言われています。

最近ではネットショッピングなどを利用して手軽に静岡のお茶がお取り寄せができることもあり、プレゼントされたことをきっかけに機能性食品としての効能が期待できると、自分用に購入をされる方も増えてきています。