玄米茶は贈り物にもおすすめ

日本茶は茶葉の種類で美味しく飲める温度が異なる

お茶には様々な種類がありますが、その種類によって適している温度や水があることをご存知でしょうか。お茶が美味しく飲める水は微酸性の軟水で日本の水はほとんど微酸性の軟水ですので、家庭の水道水を使っても美味しいお茶がいただけます。しかし水道水には塩素が含まれているので、一度沸騰させてから使用することをおすすめします。市販されている国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水なので問題ありませんが、海外のミネラルウォーターはカルシウム、マグネシウムなどのミネラルを多く含む硬水が多く、日本茶にはあまり理想的ではありません。硬水はお茶の成分であるカテキン、カフェインなどと反応して味が淡白になったり香りも減少して濁った色になり、想像する美しいお茶とはちがうものになります。お茶にとって理想的な水で茶葉にあった温度でいれることで、美味しいお茶がいただけます。

お茶に使用するお湯の温度でも溶け出す旨み成分が異なり、渋み成分であるカテキンは80度以上の高い温度で、旨み成分を持つアミノ酸は50度以上の低めの温度で溶け出します。玉露に関しては50度位の低い温度でゆっくりと旨み成分を引き出すと濃厚な引き締まった甘みをともなう旨さが引き立ちます。煎茶は70度から80度で渋みが抑えられ旨み成分をより多く引き出すため、香りもとても良く程よい渋みと旨みのバランスが絶妙です。

玄米茶は100度の熱湯を使用することで茶葉をびっくりさせて、香りそして渋みの成分を引き出します。玄米茶は香りが命です。ほうじ茶や紅茶なども同じように熱いお湯にすることで美味しくいただけます。

玄米茶は体に優しい飲み物

玄米茶は白米と玄米を蒸してから炒ったものと、5月よりかなり遅い時期に収穫されて苦味が少ない番茶が同等の割合でブレンドされています。やさしい香りにほんのりとした香ばしさが玄米茶の最大の魅力です。体のリズムを整え、便秘解消の効能があると言われています。

玄米茶は芳ばしくて緑茶に比べてカフェインが少なく、また甘みもあるのでお子様でも好んで飲まれますし、高齢者の方にも安心して飲んでいただけます。ポリフェノールの一種であるタンニンを多く含むお茶で、タンニンは抗酸化作用の強い物質なのでアンチエイジング効果が期待できます。緑茶の成分として知られるカテキンもタンニンの一種で、殺菌作用や体脂肪の低下、成人病の改善などに効果があるとして日本茶は世界中が注目しています。

玄米茶が体に優しいのはこれ以外に、原料となる玄米に含まれているポリフェノールの一種でガンマオリザノールが肥満や糖尿病を予防する働きを持っているとされている点も挙げられます。玄米に豊富に含まれているビタミンB群やビタミンCは疲労回復効果や免疫力を高め、風邪予防にも効果がある成分と言われています。玄米茶に限らず番茶やブレンドした五穀茶も飲みやすいので子供や高齢者にもおすすめです。

最近は抹茶をブレンドした抹茶入り玄米茶もあります。湯のみ茶碗に注いだ時に鮮やかな緑色が目に飛び込んで、抹茶の風味の後に玄米茶の余韻が楽しめるブレンド茶です。忙しい時間でゆっくりお茶を入れてひと息つけない方の味方としてお茶を粉状態にした商品もあります。湯のみに茶さじで何杯か入れて、お湯を注げば簡単に出来上がります。これでしたら茶葉の片付けもしなくていいし、飲みたい時にすぐ飲むことができます。こまめに水分を取る事は体には大切な事ですし、加糖していないのに甘みを感じられるお茶は理想的な飲み物です。冷たくしても美味しくいただけます。

贈り物には玄米茶がおすすめ

お茶を飲むとほっとするのはリラックス効果が高いのと小さい頃から飲み親しんできた味だからでしょう。どんな時に贈っても贈られても、美味しいお茶は嬉しいものです。お茶を贈る場合、お茶の値段だけで決めるのではなく送る相手が日常どんなお茶を好んでいるのか、もしくは自分の好みのお茶をおすすめしても喜ばれます。

一般的なお茶には浅蒸し、深蒸しと呼ばれる茶葉を蒸す工程があり、この蒸し時間の長さによって味が決まります。浅蒸し茶葉は針のように細く長く、茶葉の色も濃緑色で、お茶をいれると黄色の濃い色でなく透明の黄色で、山吹色が最高と言われます。

深蒸し茶葉は形が短くつぶれて、少し黄色みを帯びた濃い緑色で見た目は粉が多いのですが、お茶をいれると青くさみの少ないまろやかな香りと強い甘みとコクがあり濃い緑色が特徴です。玄米茶は先に述べましたように、玄米の香ばしさが引き立つ香りのよいさっぱりとした味なので、小さな子供がいるご家庭にも喜ばれます。玄米茶は煎茶にくらべてカフェインが少ないので夕食後に飲まれても寝付けないで困るということはないようです。

日本人の生活には必需品ともいえるお茶を美味しく飲むために、自分の好きなお茶にこだわる人が多いです。シーンによって玉露、煎茶、玄米茶、ほうじ茶と飲み分けができるとお茶の時間もたのしくなりますし、贈答用の場合は相手の事を考えながら選ぶ楽しさもあります。