お茶の種類とおいしいお茶の淹れ方


日本には様々な美味しいお茶があります。最近ではコンビニなどで手軽に飲まれている日本茶ですが、その種類がどんなものなのか分かって飲まれている方は多くはないのではないでしょうか?今回は簡単ですが、代表的なお茶の種類と美味しくお茶を淹れるコツをご紹介したいと思います。

お茶の代表的な種類


日本国内で生産されるお茶は、ほとんどが「緑茶」とよばれるものです。昭和40年頃までは紅茶も生産されていましたが、品質や価格の面でインドやスリランカにかなわず衰退していきました。また、日本にウーロン茶ブームが到来した昭和54年から60年頃には、ウーロン茶の生産を始めたところもありましたが、こちらも紅茶同様、芳しくなかったため、現在ではほぼ緑茶の生産が主流となっています。ここで現在日本で生産されている『緑茶』を簡単にご紹介したいと思います。

家庭で一番飲まれている『煎茶』

「煎茶」は、緑茶の中で一番よく飲まれている代表的なお茶で、普段みなさんがコンビニ等で購入されているお茶の中でも一番多いお茶の種類です。

お茶は栽培した生葉を加工することで、製品として出荷されます。生葉は摘みとった時から酸化酵素の働きによって発酵が始まりますが、緑茶は採れたての茶葉に熱処理を施すことで、酸化酵素が働かないようにする不発酵素です。この熱処理を行う一般的な製法で作られたお茶のことを煎茶といいます。「深蒸し煎茶」は、煎茶より2倍近くの時間をかけ茶葉を蒸して作ったお茶のことです。じっくりと蒸すことで茶葉が細かくなり、水に溶けない、茶葉そのものの有効成分を摂取することができます。

ちょっとした贅沢な『玉露』

新芽が2、3枚開き始めたころに、日光を20日間ほど遮断して育てたお茶が「玉露」になります。太陽の光を遮ることで、アミノ酸がカテキンに変わることが抑えられ、渋味が少なくうまみの強いお茶になります。

漢字で「冠茶」と書かれることもある「かぶせ茶」は、玉露と同じく新芽を日光に当てずに育てます。玉露が20日程度遮るのに対し、かぶせ茶は1週間程度の遮光期間を経てつくられます。

お菓子にもよく使われる『てん茶』

「てん茶」は、玉露と同じように、日光を遮って育てた生葉が原料ですが、普通のお茶とは異なり、蒸した後に茶葉を揉まずにそのまま乾燥させたものです。そして、てん茶を出荷する前に石臼で挽いた粉末状のお茶が「抹茶」になります。茶の湯で利用する以外にも、お菓子や料理などで利用されますので、てん茶よりも馴染み深いでしょう。

香ばしい香りが食事中にもあう『ほうじ茶』

「ほうじ茶」は、煎茶や番茶などをきつね色になるまで約200度の熱で加熱したものです。加熱することによって、香ばしさをいっそう引き立たせ、カフェインを昇華させるので、苦味や渋みが無くすっきりとした味わいになります。口当たりもあっさりしていますので、お食事中に飲まれるには最適なお茶です。

お子様からご年配の方まで楽しめる『玄米茶』

炒った玄米とほぼ同じ量の煎茶や番茶を加えたものが「玄米茶」です。香ばしい玄米の香りと、玄米を足すことで煎茶の量が少なくなるため、カフェインが少なく、ほうじ茶と同じく幅広い年齢層の方に楽しんでいただけます。

ちなみにその年の一番初めに新芽を摘んで作ったものを「新茶」と呼びます。暖かい九州地方から摘みとりが始まり、桜前線とともに北上していきます。「新茶」と「一番茶」は同じものを表していますが、新茶は一年を通しての最初のものであり、初物や旬のものの意味を込めて呼ばれ、一番茶はその後に収穫される二番茶や三番茶と比較して呼ばれています。爽やかですがすがしい香りが楽しめ、カテキンやカフェインが少なくアミノ酸が豊富に含まれているため、うまみや甘味が増します。

お茶のおいしい淹れ方


お茶の種類によって、茶葉の量やお湯の温度、お湯の量、浸出時間が変わってきます。これらをきちんと把握することで、今いただいているお茶を、さらにおいしくいただけるようになります。

まず煎茶の場合です。ここでは全て、2人分の分量を掲載しています。まず急須に約4g、ティースプーン2杯分の茶葉を入れます。90度以上のお湯を200ml注ぎ、30秒浸出させます。二つの湯呑みへ交互に注いで、お茶の濃さが均等になるようにします。最後の一滴まで注ぎきることで、二煎目もおいしくいただくことができます。この注ぎ方は全てのお茶に共通して言えることです。また、注ぎ終わった後、急須の蓋をずらしておきましょう。余分に茶葉を蒸らしてしまうことを防げます。玄米茶やほうじ茶は、煎茶と同じ淹れ方です。高温のお湯で淹れても苦味が出ないため、高温で香りを楽しみましょう。

玉露は、低温のお湯でじっくりと時間をかけてうまみを引き出します。お湯をまず湯呑みに注ぎ、次に急須に移します。さらに別の湯呑みに移し変えて60度になるまで冷まします。急須に茶葉を6g、ティースプーン3杯ほど入れ、湯冷まししたお湯を注いで、2分間じっくりと浸出させます。注ぎ方は煎茶と同じです。

なお新茶は、苦味が少なくうまみが多いため、茶葉はティースプーン2杯より少し多めの方が、味わいが深くなります。爽やかな香りを楽しみたい時には、熱めのお湯でさっと抽出すると良いでしょう。また、60度くらいまで冷ましてからじっくり抽出すると、うまみを楽しむことができます。急須を軽く2、3回まわすことで茶葉が開き、しっかりと味が出ます。

最後に急須のお手入れの方法ですが、お茶を注ぐと、注ぎ口には茶葉が付きます。手で急須を軽く叩くと、茶葉が網から外れ、二煎目もよくでます。私たちが普段からよく飲んでいるお茶だからこそ、おいしくいただきたいものです。

お茶の里城南では、今回ご紹介したお茶を幅広く取り揃えております。季節に応じた静岡掛川の美味しいお茶のご紹介もしておりますので、是非一度ご賞味くださいませ。