抹茶の種類と選び方、おすすめ抹茶のご紹介


古くから日本で親しまれている抹茶、最近ではスイーツや様々ドリンクも発売されるなど改めて注目を浴びています。ですが一重に抹茶といっても種類も銘柄も様々です。今回はその中でいくつかの抹茶の種類やおすすめ抹茶をまとめてみました。

そもそも煎茶と抹茶の違いは?

緑茶と抹茶の違いをお伝えする前に、まずは簡単に緑茶の種類についてご紹介します。緑茶には煎茶や玉露、抹茶などいくつかの種類があります。
まず煎茶ですが、日本のお茶の中でも最も馴染み深くポピュラーな緑茶です。煎茶は露天園で太陽の光ををたくさん浴びて育てるため、カテキン量も多く旨みと渋みが調和した味が特徴です。次に玉露は新芽が出てからむしろやヨシズなどで茶畑全体を覆い、直射日光を遮る事によって光合成の働きを抑え、茶葉にうまみや甘みを蓄えたお茶の事をいいます。

さて抹茶はというと、抹茶は玉露と同様に苦み成分を抑えるため遮光を行った茶葉を利用しますが、そこからの製造方法が異なります。生葉の鮮度が落ちないうちに茶葉を蒸した上で乾燥させます。また、煎茶や玉露とは違い、茶葉によりをかけうまみを閉じ込める「揉み」の作業は抹茶にはありません。その他にもいくつかの工程がありますが、この状態を「碾茶(テンチャ)」といいます。この「碾茶(テンチャ)」を石臼などで微粉末状にしたものを抹茶と呼びます。

同じ緑茶でもこれでだけの手間暇がかかっている抹茶ですが、次はその抹茶の中での違いをご紹介します。

抹茶の種類 濃茶と薄茶?

実は抹茶には種類が2つあります。それが「濃茶」と「薄茶」です。
「濃茶」と「薄茶」は同じ抹茶を使うことに変わりはありませんが、一人分の茶の分量や点て方に違いがあります。

まず濃茶ですが、濃茶は「おこい」ともいいます。また「点てる」とは言わず「練る」いうところも特徴の一つです。一人分は茶杓で3杯分ほどの茶を使用します。最初は少量のお湯でゆっくり丁寧に香りを出しながら茶筅の先で練っていきます。茶と湯が混ざりあったところで、飲みやすい濃さになるように湯をたして更に練り上げます。注意する点はお湯の量、お湯の量が多ければ味が薄くなってしまい、また練る際に茶碗を広く使いすぎると冷めてしまうので注意が必要です。香りが逃げてしまわないように注意しましょう。

一方で薄茶は濃茶の半分である1.5~2杯分の抹茶を使用します。濃茶と比較して抹茶の量が少ないため、サラリとした口どけを楽しむことが出来ます。茶筅を底から少し上げ、お湯が回らないようにして手首を前後にしっかり振ります。 泡が立ったら茶筅の先を泡の表面まで上げ、ゆっくり動かし泡を細かくします。あまり泡立てしない点て方もありますが、泡立てるほうが苦味がまろやかになります。

濃茶と薄茶の違いをご紹介しましたが、まずは作法など難しいことを考えず、自分流でお好きな様に抹茶を楽しんでみてください。

はじめてでも安心、おいしい抹茶の選び方

いざ抹茶を買ってみようといっても、何を買ったら良いのか分からないという方も多いと思います。そういう方は、まず産地に注目してみてはいかがでしょうか?

もちろん、産地が有名だからおいしいという訳ではありませんが、産地ごとの特徴を知っていれば、ご自身の好みに合った抹茶が見つけやすくなるかもしれません。
産地として良く名前が知られているのは京都の「宇治茶」や愛知の「西尾茶」、そして静岡の「静岡茶」ですが、簡単に特徴をまとめてみます。

まず京都の宇治の抹茶ですが、始まりは13世紀初めとも言われており非常に歴史の長い産地の一つです。土質などの自然条件に恵まれており、美味しいお茶作りに適した土地です。
そういった中で育った茶葉の中から、より厳選した碾茶を使用しており、深みとまろやかな甘味を味わうことができます。また鮮やかな色と香りも特徴の一つです。

次に愛知県の茶畑で育った碾茶を使った、西尾の抹茶。西尾茶も歴史は古く、同じく13世紀ごろに始まったとされております。抹茶の生産量としては日本で一番多く原材料となる碾茶の生産に特化した唯一の産地とも言えます。渋みも少なくあっさりとした美味しさを味わうことができるお茶です。

最後に、静岡で生産された碾茶を使用した静岡の抹茶。こちらも同じく13世紀ごろに栽植が始まったとされております。温暖な気候や日照時間の長さなど恵まれた環境であることや、昼夜の寒暖差が大きい分、茶葉の「旨み」と「甘み」を強く感じることができる茶葉というのが特徴です。抹茶をはじめて試される方でも美味しくいただく事ができる抹茶です。

抹茶は銘柄も値段も多種多様で迷ってしまうこともあると思いますが、この様な産地や茶葉の特徴を知ることで、ご自身の好みにあった味わいを見つけることができできるのです。

最後に

お茶の里城南では、現在愛知県「西尾」の抹茶をご用意しています。
濃茶の場合は、「古城の風」「葛城の春」、薄茶には「葛城の春」「小夜の昔」「一豊の白」がおすすめです。是非一度、ご賞味ください。

抹茶「古城の風」

抹茶「古城の風」

抹茶「葛城の春」

抹茶「葛城の春」

抹茶「小夜の昔」

抹茶「小夜の昔」

抹茶「一豊の白」

抹茶「一豊の白」



お茶の里城南