深蒸し茶は深い色とまろやかな味わいを持つお茶

お茶の種類はいろいろ

お茶は世界中で飲まれていて、その色・香り・味わいは様々です。こうしたいろいろな種類のお茶は、チャの木、すなわち、ツバキ科ツバキ属の常緑樹で、学名カメリア・シネンシスからつくられています。
チャの木は、葉の大きさや木の高さなどの特徴から、アッサム種と中国種の2つに大別されています。アッサム種は発酵しやすいという特徴があり、紅茶に適しています。日本の緑茶は大別すると中国種に含まれます。日本茶と中国茶の違いは茶葉を発酵させないために採る手法で、日本茶は蒸して、中国茶は炒って酵素が活性化することをとめるとされています。さらに、チャの木は細かい特徴によって分けられます。日本には「やぶきた」や「べにふうき」などの品種があります。品種が異なると、木や葉の見た目だけでなく、葉を摘む時期、葉に存在する香りや味に影響する成分、適した加工方法などが変わってきます。
このチャの木の葉を摘み、揉んだり、発酵させたり、乾燥させたりしてできるのがお茶です。その工程の違いにより「緑茶」「ウーロン茶」「紅茶」と3種類のお茶に分けられます。これらの違いは、発酵させるかどうかです。チャの葉は、摘んだ後に時間が経つと酸化酵素により色が変わったり、花のような香りが漂ったりします。このような状態を発酵といい、十分に発酵させたものが紅茶に、発酵させないで加工したものが緑茶に、そしてその中間の状態の茶葉から作られるのがウーロン茶になります。
現在日本で飲まれる緑茶のうち、最も一般的なお茶が煎茶です。これは茶葉を蒸した後、揉みながら乾燥させたものです。歴史的には、天明3年、宇治田原郷の永谷宗円が製茶方法を完成させて、優良な煎茶の製法を編み出しました。そのため、彼は煎茶の祖とよばれています。また煎茶の仲間には、深蒸し茶と呼ばれるお茶があります。これは戦後になってから誕生した種類のお茶です。

深蒸し茶の誕生

深蒸し茶は、普通の煎茶よりも約2倍長い時間をかけて茶葉を蒸してつくられます。では、深蒸し茶はなぜ誕生したのでしょう。
深蒸し茶の産地として有名なところに静岡県中部の牧之原台地があります。ここでお茶が栽培されるようになった背景は、江戸時代の末期にさかのぼります。江戸時代最後の将軍、徳川慶喜は大政奉還の後、現在の静岡市である駿河へ移りました。しかし、慶喜の警護をしていた幕臣たちは身分を失い、失業することになります。幕臣たちは自らの生活を確保するため奔走し、勝海舟らのアドバイスも受け、明治2年ごろに牧之原台地の開拓に取り組み始めました。それからお茶を摘むことができ始めたのが4年経った明治6年頃からです。そこからは明治政府が行ったお茶の輸出政策や牧之原台地の恵まれた気候条件などが重なりお茶の産地へと発展していくこととなります。
しかし、牧之原を中心にした地域の茶葉は日照時間が長いため肉厚となり、従来の製茶方法では青臭さが残り旨みの抽出も少なくなることから、当初は安い茶葉として扱われていました。そこで美味しく飲めるよう深蒸し製法が昭和30年代から40年代にかけて考案されたとされています。

深蒸し茶の美味しい入れ方

一般的にお茶をいれるのには軟水が適しているといわれています。日本の水は水道水を含めほとんどが軟水であるため、手間をかけることなくお茶を入れることができます。ただし、水道水には塩素が含まれているため、一度沸騰させると安心です。夏場など冷たい水を飲みたい場合は一度沸かした上で冷ますようにすると良いでしょう。水道水はどうしてもカルキの臭いがして苦手という方は市販のミネラルウォーターを利用しても美味しく入れることが可能です。ただし、外国製の水の中には硬水も含まれているため、購入する際は国産のもの、もしくは軟水のものを選ぶことがおすすめです。
急須は、お茶を淹れるためにつくられた道具です。急須に茶葉とお湯を入れると、乾燥した茶葉が湯に浸って広がります。すると揉み込まれていた香りや味がお湯に溶け出しておいしいお茶ができあがります。しかし、深蒸し茶は茶葉が細かいため、急須の網目から茶葉が直接湯呑みに出てしまったり、お茶が詰まりやすくなったります。そこで、編み目の細かい深蒸し茶用の急須を準備します。
まず、2人分約4グラムの茶葉を急須に入れます。そして80度のお湯を急須に入れますが、深蒸し煎茶は茶葉が細かく含有成分が溶け出しやすいため、浸出時間は短めにします。湯飲みに少しずつ均等に注ぎ分け、最後の1滴までしぼりきるように注ぎ入れましょう。
煎茶の色は山吹色で、甘み、渋み、苦みのほどよいバランスと香りを楽しむのに対し、深蒸し茶は濃いめの緑色、味は濃厚だけども渋みが抑えられたまろやかな味わいを楽しむものになります。お茶に特徴的な三大成分として、渋味・苦味成分でもあるカテキン類、お茶の苦み成分となるカフェイン、甘味・うま味成分となるテアニンといった成分があります。深蒸し茶は、お茶をいれた際に茶葉そのものが多く含まれるので、水に溶けない食物繊維なども摂取できる特徴をもっています。
深い味わいを持ち、なおかつ体に良い成分を摂取できる深蒸し茶を、あなたも楽しんでみてはいかがでしょうか。