健康成分たっぷり!いま「深蒸し茶」が注目されている理由とは

普通の煎茶と一味違う!今注目の深蒸し茶とは

近年「深蒸し茶」というお茶が注目を浴びています。深蒸し茶とは、茶葉を蒸す時間が普通のお茶よりも長い時間かけているお茶のことを指します。普通の煎茶は30秒から60秒程度のところ、深蒸し茶は1分から3分ほど、通常の約2倍から3倍もの時間をかけて茶葉を蒸しているのです。お茶を蒸す時間が異なることで、普通のお茶と味や色味、見た目などあらゆる違いが生まれます。ここでは日本茶の生産の80%を占めている煎茶を例に、蒸し時間が短いものと深蒸し煎茶の違いについて紹介します。
一般的な蒸し時間が短い煎茶は、茶葉の形が針のようにきれいに伸びていて、濃緑色で粉が少ないのが特徴です。抽出すると澄んだ山吹色をしており、旨みと渋みの調和がとれた比較的淡泊で清涼感のある味わいとなっています。一方深蒸し煎茶は、茶葉の形が短くつぶれていて少し粉っぽく見えるのが特徴です。抽出すると濃い緑色で、少し濁った色合いをしています。通常の煎茶を見慣れていると、あまりいい見た目ではないため、下級茶に見えてしまう人もいると思います。ただ深蒸ししたお茶の味わいは、渋みが少なく、まろやかで強い甘みとコクがあります。
一般的な煎茶はお湯の温度や抽出時間によって味が大きく変わってしまうのに対し、深蒸し煎茶は淹れ方が簡単で、誰でもでも美味しく淹れることが出来るという魅力があります。深蒸し煎茶は茶葉の見た目が悪くなったり香りが弱まったりしてしまいますが、口当たりのいいまろやかな味わいが評判となり、多くの方に愛されているのです。

多数のメディアでも紹介!深蒸し茶がもつ健康効果とは

渋みが少なくまろやかな味わいが特徴の深蒸し茶ですが、最大の特徴は茶葉の持つ健康効果といえます。テレビ番組など多数のメディアでも取り上げられ、いま健康志向の方々を中心に注目を集めています。
深蒸ししたお茶がスポットライトを浴びるようになったのは、静岡県掛川市がテレビに取り上げられたことがきっかけです。掛川市はがんの死亡率が人口10万人以上の市区町村において最も低く、医療費は全国平均と比べて約4分の3にまでおさえられているのです。その掛川市民の健康の秘訣として考えられるのが、深蒸し茶といわれています。掛川市は緑茶の産地ですが、日照時間が長いため、茶葉の渋みが強くなってしまいます。その渋みを抑えるために深蒸し製法が用いられ、掛川市民は深蒸ししたお茶を日ごろから飲んでいるのです。
では、深蒸し製法のお茶にはどのような健康効果があるのでしょうか。そもそもお茶には、カテキン類やカフェイン、アミノ酸類をはじめ、ビタミン類、ミネラル、食物繊維などあらゆる栄養成分が含まれています。ただ食物繊維やβカロテン、ビタミンE、ミネラルといったお茶に含まれる栄養素の約7~8割は、お湯に溶けることなく茶殻に残ってしまっているのです。
しかし深蒸し茶は、茶葉を通常より長い時間蒸すことによって、通常のお茶より細かく粉っぽくなっています。そのため、一般的なお茶では茶葉に残ってしまう水に溶けない成分が溶けやすくなり、栄養素の高いお茶を飲むことができます。茶葉の見た目の悪さには、栄養成分が溶けやすいという秘密が隠されていたのです。
本来茶殻に残ってしまう成分には、栄養素がたっぷり含まれています。βカロテンは抗酸化作用、ビタミンEは血行促進や免疫機能の改善、クロロフィルは腸内環境の改善に効果があるといわれています。こうした栄養素をしっかり吸収し、生活習慣病を予防したい方には、深蒸し製法のお茶がおすすめです。

深蒸し茶を飲んで健康な毎日を目指そう

健康効果が高い深蒸ししたお茶ですが、毎日飲み続けてこそ効果があるといわれています。そのため、継続的に飲んでいくうえでの注意点や効果的な飲み方などを最後にご紹介します。
深蒸ししたお茶は、通常の煎茶のようにお湯の温度や抽出時間を気にする必要はありませんが、正しい淹れ方を知っているとよりおいしく飲むことができます。
まず二人分なら茶葉の量は4グラムほどで、ティースプーン約2杯の茶葉を急須に入れます。深蒸ししたお茶は茶葉が細かいため、網目の細かい急須を使うことをおすすめします。お湯は80度程度が適温のため、沸騰したお湯150ミリから200ミリを一度湯飲みに移してから注ぎます。深蒸し煎茶は茶葉が細かく含有成分が溶け出しやすいため、進出時間は30秒程度と短めがいいといわれています。抽出したお茶には茶葉の微粒子が浮遊するため、濃い緑色をしています。飲むときには湯飲みにたまった茶葉も一緒に混ぜて飲むことで、茶葉の栄養成分を取り入れることができます。
ただ毎日飲むといわれると、心配なのがやはりコストではないでしょうか。栄養素の高いお茶を飲むためには、値段の高いお茶を購入しなければならないのではないかと心配になるかと思います。しかし、高いお茶を買わなければいけないということはありません。お茶の値段は茶葉の摘み取り時期によって決まるため、値段の安いお茶ほど健康効果が低いというわけではないのです。そのため、ご自身の無理のない値段の深蒸ししたお茶を購入することをおすすめします。