安心してお茶を飲むための適切な保存法について

お茶の管理を徹底する必要性

日本人の生活で欠かせないものはいろいろとありますが、食事だけではなくリラックスタイムなどでも登場するものはお茶です。この飲み物は思った以上にデリケートなもので、環境の変化によって大きく変質してしまい、味も悪くなってしまいます。そのため保管をするときには慎重に行っていく必要があります。
まず丁寧に保管をしなければならない理由として、味が変わってしまうという点です。香りが高く、また心地いい苦みを感じさせますが、この奥深い味も保管を丁寧にしていないと味が落ちてしまいます。せっかくのリラックスタイムでも、癒やしを感じることがありませんし、味が悪くなると不快感も抱いてしまいます。また食事の時に味が変わってしまったものを飲むと違和感がありますし、食事自体が悪くなってしまいます。そのため捨ててしまわなければならないというもったいないことにもなりかねません。
正しい保存法で保管をしないと他の食品などの香りが移ってしまうということがあります。香りを吸収しやすいためですが、そうなると味が悪くなってしまいます。また湿気を吸収してしまうこともあります。こうなると腐敗をしてしまい、捨ててしまわなければなりません。思った以上に繊細な食品なので、保管する場所、その環境などにはくれぐれも注意をしていく必要があります。これまで適当に保管をしていた方は、正しい場所に置くようにしなければなりません。また開封した後は他の食品などの影響を受けないためにも早めに消費してしまうことが大切です。開封した時の芳醇な香りと味わいを最後まで楽しむためには、もったいないからといって長く飲むのではなく、早めに消費をしてしまった方がいいものなのです。

適切な保存方法

お茶は繊細な食品で香りや湿気などを吸収しやすく、また光などによって変質をしてしまいやすいものです。このような変質しやすくさせる要因から守っていくためにも正しい保存法によって保存をしていくことが大切です。また早めに消費をしてしまうことも併せて行うことが必要です。これらを守れば最後までおいしくいただく事ができます。まず保管をする場所ですが、臭いがほとんどないような場所に置くようにしなければなりません。臭いが強い場所の近くに置いているとすぐにその臭いを吸収してしまいます。そうなると上質で芳醇な香りが台無しになってしまいます。おいしくいただくためには臭いがない環境に保管するように気を付けましょう。また臭いだけではなく、湿度による変化を受けない場所であることも重要です。湿気を吸収しやすい場所に置くと変質してしまい、場合によっては腐敗を起こしてしまいます。
具体的な保管場所ですが、どういった場所に置いたらいいのかわからないという方もいることでしょう。そういった方はとりあえず冷凍庫に保管をするのもいいでしょう。冷凍庫は香りを吸収する心配がありませんし、また味が悪くなる心配もないからです。また食器棚などの冷暗所で香りがない環境でもいいでしょう。間違えやすい場所として冷蔵庫があります。腐敗しにくい場所として選んでいる方もいますが、冷蔵庫では臭いを吸収しやすく、味が悪くなってしまいます。また湿気の影響を受けてしまうことが多いからです。そのため冷蔵庫での保管は避け、冷凍庫や食器棚に保管するといいでしょう。

保存に便利なアイテム

お茶は開封する前は光などの影響を受けにくいので特に変質する問題はありませんが、ただ開封した後には香りや湿度の影響を受けたりするものです。またその開封したまま保管をしていると味が劣化してしまいますし、腐敗をしてしまうことがあります。そのため開封後は正しい保存法で保管をしていかなければなりません。開封後は開いた状態になっているため、他の容器に移しておくことが必要です。この時にプラスチック製の密閉容器に入れている方もいます。しかし、こういった容器は湿度の影響をあまり受けない代わりに、光による影響を受けてしまいます。そのため保管するアイテムとしては避けたほうがいいでしょう。一般的には茶筒に保管をするのが好ましいです。最近ではいろんなタイプの茶筒があるので、自分好みのデザインの商品も見つけやすくなっています。そういったものを購入し、開封したらすぐに移しておくようにすると変質する恐れがありません。
茶筒よりももう少し大きめのアイテムが欲しいという方におすすめなのは茶箱です。茶箱というとかなり大きいというイメージを持っている方も多いことでしょう。しかし最近では小さいタイプのものも登場しています。湿気やにおい移りを保護することができるので、最後までおいしくいただく事ができます。お茶の味にこだわりたいという方はこの茶箱を1つ持っておくといいのではないでしょうか。ただ、いずれにしても劣化を防止できるからといっていつまでも保管しておくのは好ましくありません。おいしい状態を維持するためには早めに消費をしてしまうことが大切です。また余ってしまうような家庭では、早めに消費できる程度の量の商品を購入するようにしましょう。