海外からの人気沸騰、国産緑茶について


日本では様々な種類のお茶が楽しまれています。その中でも日本を代表するお茶といえば「緑茶」ではないでしょうか。この緑茶ですが、日本では日常的に多くの人が飲んでいますが、近年では海外からも注目を集めています。実際に海外の人が飲んでいるのを見る機会が多くありますが、なぜ人気を集めるようになったのでしょうか。ここでは海外からなぜ、緑茶が人気なのか具体的に解説してみます。

緑茶が海外で人気の理由とは?


まず1つ目は、シンプルな答えですが、海外にはない「味」だからです。基本的に国によって異なりますが、海外で作られているお茶の多くは甘いお茶が多いと言われており、苦みや渋みというのは、それほど感じないと言われています。中には砂糖を混ぜて飲むところもあるほど甘味が強いお茶が好まれる国もあります。

お茶に砂糖というと日本では考えられないと思っている人も多いでしょう。実際に日本の緑茶で砂糖が使われるということはありません。海外には基本的に売られていない苦みを感じる緑茶は、始めて飲んだ外国人は驚かれる方が多いそうです。それもあり、苦いだけという印象を持っている外国人もいますが、実際に飲んでみると苦みの中に旨味があり、砂糖が使われていないのに少しの甘味を感じられ、ただ単に苦いだけではない美味しいお茶と思う外国人が多いので日本の緑茶は多くの人たちに愛されています。

2つ目は味だけではなく、健康効果もあると言われている点が人気の理由です。お茶の中でも緑茶は病気のリスクを抑えることが可能だという研究結果が出されています。実際に緑茶を習慣的に飲んでいる人と飲んでいない人では死亡率が低くなるという傾向が確認されています。それだけ緑茶には減菌効果があると言われているので、体内の中でもよくないとされている菌を抑制できる可能性もあると言われています。健康的にいいとされている緑茶なので、近年では海外でも健康面に気を使う人たちが多くなり、日本の緑茶を飲むという人たちが増えています。このように、一部分ですが大きく分けると2つの理由から海外でも人気を集めています。世界から認められているお茶だというのは魅力的です。

劣化させないお茶の保管方法


お茶の正しい保管方法は意外と知られておらず、中には抗菌作用があるのでどこに保存しても問題ないと思っている人もいらっしゃいます。しかし、間違った方法で保管をすると品質的にも良くありませんし、何より美味しくいただくことができなくなってしまいます。せっかく購入したので、美味しく飲みたいと思われるのが普通だと思います。ここでは正しい保管方法について、いくつか注意しておきたいことを紹介します。

まず1つ目に知っておきたいのが未開封のものはパッケージのまま冷蔵庫に保存することです。未開封の状態に限りますが、未開封のものは基本的に湿気や酸素を封じ込めることができるので、それほど劣化することはないと言われています。特に夏の時期や梅雨時期など劣化が心配だという人は未開封なら冷蔵庫に保管をするといいでしょう。

続いて2つ目は開封後は冷蔵庫ではなく常温保存をするようにしましょう。基本的に開封状態は次に保存する時に密閉状態にすることができません。密閉状態でないまま冷蔵庫に入れてしまうと湿気を吸い取ってしまいますし、冷蔵庫から出したりしまったりすることで酸化も早まり、風味が落ちてしまう可能性もあります。そのため、開封後は茶筒などを利用して密閉性の高い容器に入れて常温保存をしましょう。

その他にも3つ目に大切なことは長期保存は避けることです。お茶にも賞味期限があり、あまりにも長期間の保存は基本的にはできません。長く保存すると本来の味や香りが楽しむことができなくなるので、美味しくいただきたいと思っている人は長期保存とならないように容量の小さなタイプを購入するといいでしょう。このように、お茶を保存する時にはここで説明した3つのことを知っておくといいでしょう。

お茶の購入方法


日本ではお茶の販売しているところは非常に多く、実際に購入するとなった場合に、どこで購入すればいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。後悔しないためにもお店の選び方にはこだわることが重要です。ここではお店を選ぶときに知っておきたいことについて紹介します。

まず1つ目は本場のお茶を取り扱っているお店かどうかをチェックしましょう。基本的なお茶の作り方はそれぞれ異なりますが、例えば海外製を取り扱っているなど、そういったところでは本場の日本茶に出会うことができないので、なるべく美味しい日本茶を購入するためにも国産の茶葉を用意しているお店を選択するようにしましょう。
2つ目はお茶の種類もチェックしておきましょう。日本で摘まれるお茶は様々な種類があります。例えば緑茶などの一番茶からほうじ茶などの二番茶まで種類が豊富です。それぞれ味が異なるので、色々なお茶の味を楽しみたい人は種類を豊富に取り扱っているお店を選ぶようにすると良いかもしれません。
お茶の里城南のある静岡県掛川市は、産地賞に何度も受賞している深蒸し茶の名産地。
特産の深蒸し茶は、おもてなし向きから日常使い、業務用までご利用用途に合わせたさまざまな深蒸し茶を取り扱っています。是非この機会にご賞味ください。

お茶の里城南