今注目の水出し茶がおすすめ


私たち日本人にとってお茶は、常に身近にある飲み物です。日本にお茶が伝わったのは1200年も前のこと、現在では自分でたてるお茶からスーパー、コンビニや自動販売機など、購入の仕方や飲み方までスタイルも多様にあります。茶葉の生産量は、中国が圧倒的に多く、日本を含むアジア全体で84パーセントを占めています。日本で採れるお茶は、ほとんどが緑茶です。緑茶にも種類があり、抹茶、番茶、玉露茶、ほうじ茶、煎茶などがあげられます。

水出し緑茶が好まれる理由

緑茶が好まれる理由として、さっぱりした味わいやヘルシーさはもちろん、最近メディアで取り上げられている“健康”がキーワードとなっています。
なぜ水出し緑茶がこんなにも注目されているのか、水出し緑茶の健康成分について紹介します。

エピガロカテキン(EGC)


水出し緑茶の健康成分として話題なのが『エピガロカテキン(EGC)』。
低温の水で出すことで抽出されるエピガロカテキン(EGC)は、免疫力の働きを良くする働きがあるといわれています。
夏は猛暑により睡眠不足や体力が落ちることで免疫力下がり、ウイルスへの抵抗力が低下しがちです。
夏風邪などの予防として、免疫力アップなど夏に負けないカラダづくりが大切です。

健康に良い水出し緑茶


健康に良い水出し緑茶をつくるポイントとしては、抽出する際の水の温度を4℃ぐらいの低温にすることです。
その理由は、免疫力を高める作用があるろいわれる成分エピガロカテキン(EGC)が、低温でのみ抽出されるためです。
エピガロカテキンは今、最も注目されている成分です。
抽出の温度が低ければ、カフェインもでにくくなり、苦味や渋味が減少します。
したがって、冷たいお水で作る水出し緑茶は、まろやかで口当たりの良いお茶になり、お子様へ安心して飲ませることができます。

水出し茶の種類


では、おいしい水出し緑茶の種類や選ぶポイントをいくつか紹介します。
まず、茶葉を選ぶ場合で大切なのは、葉の色つやや形、香りです。
緑茶の一つである煎茶の見分け方を例に挙げると、光沢のある緑色であるかどうか、実際触ってみて重量感があるかどうか、その感触が良いかなどが目安になります。
茶葉を選ぶことが少し難しいと感じる方には、水出し専用のティーバッグがおすすめです。
また、水出し茶のティーバッグには急須用、カップ用、業務用と用途によって使いやすい商品があります。それぞれの場面に合わせて、選ぶことができます。

味を見極めるもののひとつとしてお茶の色があります。なぜならお茶の色がきれいだと、それだけ新芽が使用されているという意味があります。
また香りも、お茶の味を左右する大きなポイントになるので、においを嗅いでみるのもおすすめです。
水出し茶の保存については、高温多湿や直射日光をさけましょう。そうすることで、1年程度このお茶を楽しむことができます。茶葉の品種を選びそのお茶を手にしたら、次はおいしいお茶作りについて紹介します。

水出し緑茶をおいしく飲むには


どのようにすればおいしく水出し緑茶を作れるか、その一例を紹介します。
まず、ポットで作る場合は、ポットに茶葉(約12g/大さじ軽く2杯)を入れ、冷たいお水(約750cc)を注ぎます。茶葉の量はお湯出しする場合の1.5倍ほどがおすすめです。
水では色や成分が出にくいため、茶葉の量を増やした方が濃くまろやかな味わいに仕上がります。
抽出時間は茶葉の種類やお好みで変わりますが、冷蔵庫で3~6時間(深蒸し茶の場合は5~10分で抽出されます)くらいがおすすめです。
急いでいる時はポットを揺らしたり、菜箸で混ぜたりすると時短になります。

次に、急須で作る水出し緑茶です。急須に茶葉(約8g)を入れ、氷水(200cc)を注ぎます。
茶葉が開くのに5分~10分程掛かるので、それまでしっかり待ちましょう。そして茶葉が開いたら急須を優しく回しながら、最後の一滴まで注ぎ分けます。

緑茶に限っての魅力と言えば、茶葉の旨みや苦み、それとほのかに感じる甘みです。
この旨み成分をより強く感じることができるのは、水で淹れた緑茶だと言われています。
それは、苦味の元であるカテキンが低温になると出にくいため、よりまろやかな風味を感じることができます。

おいしく作られた口当たりの良い水出し緑茶が、喉の渇きとともに日々の疲れをきっと癒してくれることでしょう。

当店のおすすめ水出し緑茶はこちら
お茶の里城南