お茶の種類ってどのようなものがあるの?

お茶の種類についての記事 アイキャッチ画像

お茶の歴史

私たちの身近な飲み物として浸透しているお茶は、日本だけではなく世界中で楽しまれており、そのルーツは中国南西部の雲南省と言われています。
8世紀に入るとお茶に関する書物『茶経』が記され、茶の起源や製造法・飲み方・道具・産地などが系統的な百科辞典のようにまとめられました。この書物を元にするような形で、中国全土にお茶を飲む文化が広まっていきます。

お茶を飲む風習は、当時強大だった中国文明の影響下にあった周辺地域にも広まり、そして日本にも伝わっていきました。日本への伝来は、8世紀から9世紀にかけて遣唐使である留学僧の一部が持ち帰ったものであると言われています。

そしてお茶は伝わってくる過程や伝わった地域において様々な種類に変化を遂げていきます。
茶葉はもともとツバキ科の「チャ」という常緑樹の葉から作られますが、採取した葉の加工方法が地域によって異なって発達していったため、日本茶や中国茶・紅茶となってそれぞれの土地で親しまれるようになりました。

日本のお茶

日本のお茶
現在日本で作られているお茶は緑茶がほとんどです。
一般的に緑茶は、茶葉を採取した直後から発酵を始め、早い段階で茶葉を蒸す処理をかけることによって発酵を止めます。その後、お茶としての品質を決める「揉み」の工程に進みます。茶葉は発酵が進むと葉の色が紅色に変化していきますが、緑茶の茶葉は早くにに発酵を止める加工をするため、茶葉の色がそのまま残り緑色のままになっているのです。そして一口に日本茶といっても様々な種類があり、茶葉の栽培方法、採取時期、製造工程によって差が生まれていきます。

煎茶

煎茶は、私たちが普段飲んでいる緑茶の中でもっともポピュラーなもので、採取、蒸し、揉みの順に製造工程を経て出来たものを「煎茶」と呼んでいます。また煎茶の中には「深蒸し煎茶」と呼ばれるものがあり、これは通常の蒸し時間よりも2倍ほどの長い時間をかけて加熱処理をすることで、茶の味や水色と呼ばれる緑色を濃く出したものです。
この製法をとると茶葉が細かくなるので、水に溶けない有効成分を摂取することができるという利点もあります。

玉露とかぶせ茶

栽培方法の違いで出来る緑茶の代表が「玉露」と「かぶせ茶」です。
太陽の光を遮って新芽を育てるので、渋みが少なく旨みがじゅうぶんに含まれた茶葉に仕上げることができます。玉露であれば20日間程度、かぶせ茶は1週間程度太陽の光を遮断させて育てます。
また太陽の光を20日間以上遮った後に採取し、蒸しのあと揉まずに乾燥させたものを「てん茶」と呼びます。これは抹茶の原料となるものです。てん茶を出荷直前に石臼で挽いて粉末状にしたものが「抹茶」となります。

茎茶と芽茶

煎茶や玉露の製造過程において、新芽の茎だけを選別して作ったものを「茎茶」と呼びます。
茎茶独特のさわやかな香りと甘みがこのお茶の特徴となります。その中でも「かりがね」は玉露の茎を使用しているため、希少価値が高いです。玉露や高級煎茶の中から芽の先の細い部分を選別したお茶を「芽茶」と呼びます。味が濃くて、旨みが多く含まれているのが特徴です。

その他の日本茶

玉露や煎茶の仕上げ工程時に発生する細かい粉だけを集めたもので「粉茶」があります。茶葉そのものが入れたお茶の中に混ざっているため、色合いの鮮やかなお茶になるだけでなく、水に溶けにくい茶葉の有効成分を効率的に取り入れることが出来るという特徴があります。「煎茶」や「茎茶」をキツネ色になるまで強火であぶって出来るものが「ほうじ茶」で、香ばしさとすっきりした味が楽しめます。
最後に、よく耳にするお茶の名前に「番茶」というものがあります。これは「番外の茶」という意味で、茶葉の採取時期が外れたものや、品質ではじかれたものを使用しているお茶です。

世界のお茶

お茶の歴史
日本のお茶と世界のお茶の違いは大ざっぱに言うと、茶葉の発酵をさせているか否かという点になります。日本茶は茶葉を発酵させずに加工するのに対し、程度の差はありますが、中国茶や紅茶は茶葉を発酵させてから加工に入ります。色や風味が種類によって大きく違うのは、この過程の違いによるものです。
日本茶以外に代表的なものといえば、中国茶・紅茶があります。中国が起源と言われていますが、その中国茶にも実に様々な種類が存在します。

中国茶

中国茶のほとんどは茶葉を発酵をさせてから加工を行い、茶葉の発酵度合いによってほとんどのお茶を分類しています。緑色・白色・黄色・青色・紅色・黒色が一般的な分類ですが、これ以外にも色や香りなどで分類するものもあります。

紅茶

紅茶は世界で最も親しまれているお茶のひとつです。
中国茶が発酵度合いで分類するのに対し、、紅茶は産地によって分類します。インドの「ダージリン」スリランカの「ウバ」中国の「キーモン」は世界三大紅茶と呼ばれています。

いろいろ試して好みのお茶を見つけましょう

以上でご紹介した通り、お茶と言っても日本・世界にはさまざまなお茶の種類あります。
いろいろな種類のお茶を飲んで、ぜひお気に入りのお茶を見つけてみてください。お茶の里城南では、様々なお茶をご用意して皆さまをお待ちしています。

お茶の里城南


当店のおすすめ商品3点はこちら

城南の庵旨み玉露琥珀香茶
1,080円(税込)/100g1,620円(税込)/100g864円(税込)/100g
当店1番人気!深蒸し茶の煎茶です。まろやかな甘味を味わえる玉露です。材料にこだわり一番茶のみを使用したほうじ茶です。