お茶の里城南 ホーム > お茶の豆知識 > 美味しいお茶を入れるための急須選びとお手入れ方法をご紹介!

美味しいお茶を入れるための急須選びとお手入れ方法をご紹介!



急須の茶こしは大きく分けて2種類


皆さまのご自宅では、どのような急須をお使いでしょうか。急須の中をのぞいてみると、急須自体に茶こしの穴が空いているものと、内側に茶こしの網が付いているものがあります。急須に付いている茶こしには、大きく分けてこの二つの種類があるのです。まずは、この2種類の特徴についてご説明します。

まず、急須自体に茶こしの穴が空いているタイプは『陶器茶こし』と呼ばれています。茶こしの穴が大きいものから細かいものまで種類が豊富なので、お茶に合わせて急須を選ぶことができます。また、茶こしの穴が大きいものは茶柱が湯?に入る確率が高くなりますので、茶柱が立つことを期待したいときはこのようなタイプのものを選びます。なお、細かい茶葉の深蒸し茶などを淹れる際は、茶こしの穴が細かいものがおすすめです。

次に、急須の中に茶こしの網があるタイプは『網茶こし』と呼ばれています。内側すべてが網に覆われているものから、注ぎ口にのみ網が付いているもの、また底を網が這うよう設計されているものまで種類は豊富です。網茶こしのタイプをお使いの場合は、お茶の種類に合わせて、茶こしの形状を確認することが大切になります。

お茶によって急須の網を選ぶ


普段何気なく見ている急須ですが、内側に入っている網を注意して見ることは少ないのではないでしょうか。実は、網にはいくつも種類があり、お茶の種類に応じて網を選ぶという人もいます。つまり、どんな種類の網を使ってお茶を入れるかによって味が大きく変化するのです。今回は、代表的な二つの種類を用途別にご紹介していきたいと思います。

まず一般的な網は『かご網』です。これは網の取り外しができるので、管理が非常に簡単であることが特徴的です。また取り外しができるため、破れたり汚れたりしたら交換ができるので衛生的です。お茶を日常的に飲む方や、お茶がらの片づけが面倒だという方にはおすすめなのですが、短所もあります。それは、おいしいお茶を入れるための必須条件である『茶葉を開かせる』ということが十分にできないという点です。しかし、かご網の急須でも、粉茶なら茶葉を開かせる必要がないので安心してお客さまにお出しできます。かご網でおいしいお茶を淹れたいときは、粉茶を選ぶと良いでしょう。

一方、網が固定されており、内側に網が巻いてある『帯網』や内側の注ぎ口に板のように網が貼ってある『板網』もあります。網が固定されていますが、お茶がらを捨てやすく洗いやすいので、幅広い年代の方から支持を得ています。中のスペースも十分にありますので、しっかりと茶葉が開きおいしいお茶を淹れることができるのも人気の秘訣です。そのため番茶から深蒸し茶まで、網の大きさに合わせてお茶を楽しむことができます。

正しい急須のお手入れ方法をご紹介


急須を使っていると、どうしても茶渋が付いてしまい洗うのが大変になるのがお悩みの一つです。正しいお手入れ方法を知ることで、ストレスフリーにお茶の時間を楽しみ安らぐことができますので、詳しくご紹介していきます。

まず、茶渋はどのような成分からできているかご存じでしょうか。急須に付いてしまった茶渋は、何だか汚いイメージがあるかもしれません。でも実は茶渋は汚いものではなく、身体に害もありません。そもそも茶渋とは、水に含まれるカルシウムなどの金属イオンが、お茶に含まれるポリフェノールに反応してカップや急須に付着してしまうものなのです。しかし汚いものではないと言っても、お客さまにお茶をお出しするときに湯?みや急須に茶渋が付いていたらやはり恥ずかしものです。だからこそ、お手入れ方法をしっかりと知っておくことが大事なのです。

茶渋を最も簡単に落とす方法は漂白剤を使うことです。しかし急須はお茶を淹れるための道具ですし、頻繁に漂白剤を使うのは少し抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、においの少ない酸素系の食器用漂白剤を選んでみてください。

それでもやはり漂白剤は使いたくないという方には、重曹がおすすめです。最近重曹を使ったお掃除方法が流行していますので、重曹があるご家庭も多いのではないでしょうか。茶渋を落とすには、この重曹とお湯を準備すれば効率的に作業ができます。というのも、重曹は温めることでアルカリ成分が強くなり、茶渋を分解してきれいにする働きがあるからです。具体的には、重曹とお湯をしっかりと混ぜて、急須に注ぎ30分ほど放置すると、すっきりと茶渋を落とすことができます。

さらに、どのご家庭の台所にある「塩」でも茶渋をとることができます。お手入れ方法は実に簡単です。茶渋が付いているところに直接塩をふりかけ、指やスポンジでこするだけです。塩の細かい結晶が研磨剤の役割を果たし、きれいに茶渋を落としてくれるのです。漂白剤の使用が嫌な方や、重曹を家に常備していない方は、ぜひ一度、塩を使って茶渋取りをしてみてはいかがでしょうか。

お茶の里城南自慢の深蒸し茶はこちらから