お茶の里城南 ホーム > お茶の豆知識 > 美味しいお茶のいろは!緑茶を楽しむために

美味しいお茶のいろは!緑茶を楽しむために



美味しいお茶の選び方


緑茶は日頃から食事やおもてなし、おやつにと、ほっとする時間を与えてくれます。美味しくお茶を飲むためには、時と場所、場面に合った緑茶選びが重要です。一言で緑茶と言っても深蒸し茶、煎茶、ほうじ茶、玄米茶、玉露など多くの種類があります。
深蒸し茶は茶葉を蒸す時間を長くして作られた緑茶です。蒸し時間が長くなることで茶葉が細かくなりますが、その分緑茶の味と色が深くなり、緑茶に含まれているポリフェノールの一種であるカテキンやカフェイン、リラックス効果のあるテアニン、ビタミンや抗菌・抗ウイルス作用が認められているサポニンなどの有効成分を多く摂ることができます。
煎茶は旨味と渋みのバランスが取れている緑茶です。普段使いはもちろんのこと、語らいの席に出す緑茶としておすすめです。ほうじ茶は煎茶などの茶葉を焙煎して作られた緑茶です。焙煎することによりカフェインが飛び、渋みが少なく香ばしい口当たりになります。胃に低刺激のほうじ茶は食事中の緑茶としておすすめです。
玄米茶は水に浸した玄米を炒ったものと同量の煎茶などを混ぜて作られています。玄米が入った分カフェインが少ないので年配の方やお子さんにもおすすめです。炒った玄米が香ばしい風味を醸し出す緑茶です。玉露は日の光を遮って育てられた茶葉で作られた緑茶です。茶葉に含まれるテアニンというアミノ酸は日の光を受けることでカテキンに変わります。カテキンは渋みの元ですので、日の光を遮った茶葉で作られた玉露は渋みが抑えられ、旨味が広がる緑茶になります。玉露はお客さまのおもてなしにおすすめです。
美味しさの基準は一つではありません。語らいの席に美味しく感じる緑茶や、食事の際に美味しく感じる緑茶、ほっと一息つきたい時に美味しく感じる緑茶など様々です。また、渋みが効いた緑茶が美味しいと感じる方や、玄米の香ばしさが美味しく感じる方などお茶の好みも人それぞれです。それぞれの緑茶の特性を知った上で美味しいお茶を選びましょう。

美味しいお茶の入れ方


美味しいお茶を入れるため重要なのが水と温度、そして蒸らす時間です。水には軟水と硬水があります。軟水と硬水の差は、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの含有量にあります。含有量が多いと硬水に、少ないと軟水になります。緑茶を入れる際に適している水は軟水です。日本の水道はほとんど軟水なので使えますが、水道水は塩素を含んでいますので、一度煮沸してから緑茶を淹れるとより美味しく味わえます。
緑茶は種類によって適した温度と蒸らし時間があります。ここでは2人分の緑茶の美味しい淹れ方を紹介します。深蒸し茶はティースプーン2さじ約4gを急須に入れます。温度は約80度が適していますので、一度湯飲みにお湯を2杯約200ml入れてから急須に移します。30秒ほど蒸らし湯飲みに注ぎます。
煎茶はティースプーン2さじ約4gを急須に入れます。普段使いの煎茶は熱湯から約90度のお湯が適していますので、ポットなどから急須に直接注ぐことができます。その際のお湯の量は200ml程で、30秒ほど蒸らし湯飲みに注ぎます。ほうじ茶と玄米茶は香りを出すため、95度くらいの高い温度のお湯を使うようにしましょう。あとは煎茶と同様です。
玉露を淹れる際はまず湯飲みに1杯約100mlお湯を注いでから空の急須に移します。そして、更にその急須のお湯を別の湯飲みに移します。これは玉露を美味しく淹れるために適した温度が約60度なので、お湯を移し替えて湯冷ましするためです。空になった急須にティースプーン3さじ約6gの玉露を急須に入れます。湯冷まししたお湯を急須に注ぎ、2分ほど蒸らしたら湯飲みに注ぎます。
どの緑茶を淹れる場合でも美味しくお茶を淹れる共通のポイントがあます。それは、急須から湯飲みに注ぐ際に少しずつ均等になるようになるように湯飲みに注ぎ、最後の1滴まで急須から湯飲みに注ぎ切ることです。緑茶は最初に急須から注がれる1滴よりも最後の1滴の方が濃く旨味も出ているのです。それぞれの緑茶に合った淹れ方をして美味しくお茶をいただきましょう。

美味しいお茶の保管方法


封を開けた茶葉は一度に使いきれるものではありません。最後まで美味しくお茶を飲むために重要なのがお茶の保管方法です。茶葉は乾燥した状態で販売されていますが、湿度や光、温度に敏感で変質しやすいため、正しい保存方法での保管が必要です。袋で販売されている緑茶を購入した際は、必ず密閉容器に移し替えましょう。その際専用の茶筒を使われることをおすすめします。ガラス容器も密閉はできますが、光を通してしまうため茶葉の保存には向いていないのです。茶筒も必ず内蓋のあるものを使いましょう。茶筒の中の茶葉が少なくなった際は継ぎ足さず、使い切ってから容器の中を綺麗にして新たな茶葉を入れましょう。
茶筒の保管場所は茶箪笥など常温の冷暗所が適しています。冷蔵庫の中は室内との温度差がありますので保管場所には向いていません。茶葉をいただいた場合、直ぐに使わない時は封を切らないまま冷蔵庫に入れて保管できます。ただし、使う際は必ず常温に戻してから使うようにし、封を切った後は茶筒に入れ常温の冷暗所で保存してください。このように、保管方法にも心がけ最後まで美味しくお茶をいただきましょう。