お茶の里城南 ホーム > お茶の豆知識 > 夏も美味しいお茶を楽しむ

夏も美味しいお茶を楽しむ



お茶が持つ身体に嬉しい多くの効果


近年になり、日本のお茶が持つ効能が素晴らしいものとして世界中から注目を集めるようになっています。その昔、お茶が誕生した中国ではお茶は薬として扱われていました。お茶には解毒作用があるとされ、そのことから薬として分類されていました。

現代でもお茶の効能として注目されている成分のひとつにカテキンがあります。カテキンには殺菌作用が認められています。また抗ウイルス作用があるということも分かっています。色々な種類のあるお茶の中でも、最もカテキンが含まれているものは緑茶です。その為、風邪予防や虫歯予防を目的として緑茶を使ってうがいをする人達もいます。更にはカテキンには抗酸化作用も含まれていることから、過剰な活性酸素の発生が原因と言われているガンに対する抑制効果も期待されています。

また、お茶に含まれるポリフェノールは血中コレステロールを下げてくれる作用があるとして、こちらも注目されています。

他にもビタミンCが豊富に含まれていることも嬉しい効果を発揮してくれます。お茶の中に含まれるビタミンCの量は何とレモンの5倍とも言われています。ビタミンCは言うまでもなく綺麗なお肌には欠かせない成分である為、女性にとっては是非ともとりたい成分の一つでしょう。それだけでなく血管を強くしてくれたり、疲労回復にも一役かってくれる成分でもあります。

このようにお茶に含まれている成分は身体に良い効果を期待出来るものが沢山あります。

夏は手軽に楽しめる水出し茶


お茶が身体にもたらしてくれる恩恵が分かったところで、早速お茶を飲もうとお考えの方もいらっしゃると思います。しかしこれからの季節、湿度や気温が上がってくると温かいお茶も良いけれど、やはり冷えたお茶を飲みたい、という方のほうが多いと思います。

夏のお茶と言えば麦茶を連想する方が多いと思いますが、先に述べましたようにお茶で身体に嬉しい成分が多く含まれるのはやはり緑茶です。手軽に冷たくて美味しい緑茶を飲みたい、という時におすすめの方法、それは水出し茶です。

水出し茶にはお茶の旨味成分であるテアニンを温かいお茶よりも多く抽出しています。その為温かいお茶と比べてまろやかな味になってより飲みやすいだけでなく、テアニンにはリラックス効果があるとも言われています。また、水出し茶には免疫力を上げることが出来ると言われているカテキンの一種であるエピガロカテキンがテアニンと同様多く抽出されます。

水出し茶の作り方には二通りの方法があります。一つ目は温かいお茶を淹れる時に近いスタイルで急須などが必要になりますが、温かいお茶のようにお湯を沸かす手間や時間がかからないため、手軽なものです。

手順としては急須に多めの茶葉を用意してそこに氷と水を入れて成分が抽出されるのを待ちます。その後グラスや湯呑に注ぐだけで美味しい水出し茶を飲むことが出来ます。

もう一つの淹れ方は時間がない、面倒なことは遠慮したいという場合におすすめの方法で、ティーバッグを使用する方法になります。ティーバッグであれば大量にお茶を作ることが出来ますし、茶葉の片付けも楽なので大変便利です。また、近年流行っているマイボトルを使用してお茶を持って出かけることも可能です。緑茶でもティーバッグでも販売されているお店があるので探してみて下さい。夏により手軽に緑茶を飲みたい場合におすすめします。

夏に温かいお茶でダイエット


のどごしが良く、冷えたお茶は暑い日の喉を潤してくれます。夏にお茶を飲もうとするとやはり冷たいお茶に目が向くものですが、ここではダイエットを目的としている方にはあえて温かいお茶をおすすめします。

冷たい飲み物は身体の温度を下げてくれる効果もあるので、熱中症対策にもなり特に夏になると自然と身体が欲するものです。しかし飲み過ぎると内蔵の温度を下げてしまうので、時として食欲不振を招いてしまったり、お腹を壊す原因にもなりかねません。また、基礎代謝の低下を招いてしまう可能性もあります。

そこでダイエット効果を狙うのであれば、暑い夏でも温かいお茶を飲むことをおすすめします。人間の身体は熱いと感じている時には、体温を調整する為に汗をかくことで熱を下げようとします。これのメカニズムを利用して温かい飲み物を摂取して代謝を上げ、脂肪を燃焼させることでダイエット効果を期待することが出来ます。

基礎代謝が下がると、当然ながらそれに伴って体内に脂肪も蓄積されやすくなってしまいます。これではダイエットの妨げとなってしまいますので、夏にも温かいお茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

ダイエットが目的でない場合でも、電車やオフィスの中で冷房がききすぎていて辛いと感じている方には温かいお茶を飲むことで身体を温めてあげることも出来ます。夏でも目的に応じておいしいお茶を取り入れることで、健康に過ごしたいものです。