お茶の里城南 ホーム > お茶の豆知識 > 何を選べばいい!?抹茶の銘柄おすすめ

何を選べばいい!?抹茶の銘柄おすすめ



お茶の種類は豊富



緑茶には煎茶や玉露、抹茶などいくつかの種類があります。しかし、それらの違いを明確に把握している方はお茶を愛する日本人でも少ないものです。煎茶は日光をしっかりと当てて育てた茶葉の葉の部分だけを集めたものです。逆に玉露はカバーなどをかけて日光を遮り、茶葉に日光を当てない状態で育てたものを使用します。これら二つの違いは日光を当てるか当てないか、という部分ですが、日光を遮ることで苦み成分の生成を抑えることが可能になります。抹茶は玉露と同様に苦み成分を抑えるため日光を遮った茶葉を利用し、茶葉をいったん蒸した上で乾燥させます。この状態は碾茶と言われますが、この碾茶を粉末状にしたものを抹茶と呼びます。

抹茶は茶葉を細かい粉末状態にしているため、他のお茶と比較すると淹れ方が異なります。抹茶は淹れるではなく点てると言います。お茶を点てるためには茶筅や茶杓、棗と呼ばれる容器、抹茶用の茶碗を用意する必要があります。茶道の淹れ方を遵守しないのであればせめて茶筅と茶碗があればお茶を点てることが出来ます。

では近年多く流通してきている粉茶とは何が違うのでしょうか。抹茶は玉露と同様の製法で作られますが、粉茶は煎茶を作る際に出た粉を集めたものです。そもそも煎茶は成分が早めに溶け出すよう茶葉を乾燥させる際、揉みながら作られます。そのため、急須で淹れたお茶と同様に成分が溶け出しやすくなり、粒子が若干荒いためお湯にきちんと溶けます。使用される茶葉の種類が異なるため、味わいも異なります。



抹茶の種類と点て方



単に抹茶とも言いますが、実は抹茶にも2つの種類があります。それが濃茶、薄茶です。濃茶は深く濃い緑色をしており、薄茶は比較的鮮やかな緑色です。ただし、煎茶や玉露など製法に違いがあるものとは異なり、どちらも同じ粉末を使用します。

濃茶は茶杓で3杯分ほどの粉末を使用します。お湯の量も少な目で、かき混ぜるというわけではなく茶筅の先で練るようにして点てます。粉末の量が多くお湯も少ないため、ダマがなくなるようしっかりと練ることが重要です。きちんと練り終えた後、お湯を足します。注意する点はお湯の量、また、練る際の茶碗の使い方です。お湯の量が多ければ味が薄くなってしまい、茶碗を広く使いすぎると冷めてしまうためです。大きくかき混ぜるようにしてしまうとせっかくの香りが逃げてしまうため注意が必要です。ただし、お湯の量が少なすぎてもなかなか飲むことが出来なくなってしまうため、10~15ccほど注ぐようにすることがおすすめです。

一方で薄茶は濃茶の半分である1.5~2杯分の抹茶を使用します。濃茶と比較して多めのお湯を使用するため、サラリとした口どけを楽しむことが出来ます。薄茶も濃茶と同様にまずは少なめのお湯で練るようにします。ダマが亡くなったころに50~60ccほどのお湯を追加して茶碗の底をこすることが無いように注意しながら素早く茶筅を回します。細かな泡が出るまで混ぜると味がまろやかでおいしくなります。

どちらを点てるにしても一度ダマがなくなるまで抹茶を練り、冷めないよう素早くかき混ぜることが重要です。特に濃茶は点てるのが難しいため、点て方を練習する際は棗から救った粉末を一度ふるいにかけることがおすすめです。より粉末が細かくなるため、ダマができにくくなります。



何を選べばいい!? 抹茶の銘柄



抹茶を選ぶ際、どの銘柄を選べばいいのか分からないという方も多いでしょう。抹茶には複数の銘柄がありますが、その銘柄が濃茶に適しているのか、薄茶に適しているのかはすぐに分かるようになっています。これは銘柄の名称に一定のルールが定められているからです。

濃茶の場合は「昔」、薄茶の場合は「白」という言葉が入っているためです。このルールから「松風昔」という銘柄は濃茶用、「一豊の白」は薄茶用となります。何故濃茶に「昔」という言葉がつくかというと、昔という言葉は「廿日」という言葉を組み合わせて出来るもので、これは20日の意味があり、旧暦3月20日にその年初めての茶摘みをしたからとされています。一方で薄茶に「白」がつく理由としては江戸時代に茶を白く、と求められたことがあったためとされていますが真偽は定かではありません。お茶に関する研修も進み、現在では単に製法の違いからだったのではないかという考えもあります。

また、「昔」「白」という言葉がつかない銘柄、例えば「葛城の春」や「小夜の昔」なども出てくるなど、抹茶だけでも様々な種類があるのです。抹茶は20グラムや40グラム単位で販売されていることが多く、1グラム30円程度のものから150円程度のものなど、銘柄によって価格帯は大きく異なります。有名なのは京都府の宇治産のものなどですから、そうした有名どころのお茶から試していってみるのも良いのではないでしょうか。そのため、可能であれば購入の前に一度どの銘柄がどんな味なのか、自分の好きな味なのかということを確認したうえで購入することがおすすめです。