お茶の里城南 ホーム > お茶の豆知識 > ティーバッグでお茶を飲むメリットと美味しい淹れ方

ティーバッグでお茶を飲むメリットと美味しい淹れ方



ティーバッグでお茶を飲む3つのメリット


多くの人が毎日のように口にするのがお茶です。茶葉から入れると本格的で深みのあるお茶が味わえますが、普段飲むには少々手間がかかってしまいます。そこでおすすめしたいのがティーバッグです。日本茶のティーバッグと聞くと、あまり美味しくなさそうと思う方もいますが、最近では急須と同じくらい上質で本格的な味が楽しめるものもあります。ここでは、ティーバッグの3つのメリットをご紹介します。
メリットの1つ目は、1つずつ個別包装されている点です。ティーバッグの中には個別包装されているものもあります。お茶は野菜や生鮮食品と同じように、鮮度が命です。そのため茶葉の入った袋を開けた瞬間から、光や温度、湿度によって少しずつ傷んでしまい、少しずつ味が落ちてしまうのです。しかし、個別包装されていればそうしたことを気にする必要はありません。いつでも新鮮な状態で楽しむことができます。
2つ目は、茶葉の始末に手間がかからない点です。茶こしや茶筒はカビなどの菌の発生を防ぐために、常に清潔にしておくことが重要です。ただ毎日忙しい私たちにとって、毎日手入れすることは案外面倒なものです。しかしティーバッグなら、面倒な手入れはもちろん、茶こしも茶筒自体も不要です。急須か湯飲みにティーバッグを入れ、お湯を注げば簡単に日本茶が飲めてしまいます。洗う手間が省け、茶葉の処理が必要なく使用後も簡単に捨てることができます。
3つ目は、初心者でも気軽にお茶を楽しめる点です。茶葉からお茶を飲もうとした際、茶葉をどれくらい入れればいいのか、また一度に何杯くらい飲めるのか迷った経験がある方も多いと思います。しかしティーバッグであれば、最初から茶葉は適量に小分けされているため、初心者であっても簡単に上質な味わいを楽しむことができます。

意外と知らないティーバッグの種類


ティーバッグには、用途に合わせて様々な形が存在しています。ここではそれらの種類と、その用途についてご紹介します。
まずはちょっと1杯飲みたいときに使うタイプについてです。多くの方が平たい四角形の袋を思い浮かべると思いますが、最近では「テトラ型」と呼ばれるピラミッド型のものも注目されています。通常の四角いものより内側の空間が大きいため、お湯を注いだ時に袋の中の茶葉が踊りやすくなり、お茶のうまみ成分がぐっと出やすくなるのが特徴です。
次に、一度に大量のお茶を作りたいときや、大勢のお茶を作りたいときに役立つタイプについてですが「ピロー型」と呼ばれる、文字通り枕のような長方形のものがあります。主にボトルに入れて使うことが多いです。お湯だしはもちろん、中には水出しでもつくることができるものもあり、普段用や業務用には非常に使いやすいものになっています。
またギフトとして、ティーバッグのお茶をプレゼントする方も少なくありません。様々な種類のお茶を詰め合わせたものもあり、手軽に飲める形のものは相手を選ばず、日持ちもすることからギフトには最適なので喜ばれるでしょう。

ティーバッグで美味しいお茶を飲むコツ


ティーバッグは誰でも簡単に本格的なお茶を淹れることができますが、美味しく飲むにはやはりコツが必要です。ここではティーバッグからおいしい日本茶を淹れるためのコツを4つご紹介します。
1つ目のコツは、熱々のお湯を注がないことです。日本茶の場合、70度から80度くらいのお湯の方がまろやかで甘みのある味わいになります。お湯が沸騰したら、冷めるまでしばらく待ちましょう。湯飲みに入れた状態で、やっと持ち続けられる状態が適温です。お湯の目安は、ティーカップのおよそ八分目です。ただ焙じ茶や玄米茶は、熱湯の方が香ばしい香りが引き立ちますので、飲む前に茶葉の種類には注意しましょう。
2つ目は、静かにお湯を注ぐことです。ティーバッグに直接お湯を注ぐのではなく、カップの端の方から静かにお湯を注ぐようにしましょう。お湯を注いだら、ひもをもって4、5回揺らすと、よりお茶の味が深まります。
3つ目は、20秒くらいふたをすることです。カップにお湯を注いだら、急須のようにふたをした状態で20秒ほど蒸らすと味に深みが出ます。ふたには小皿などを使うと便利です。
4つ目は、最後の一滴まで出し切ることです。20秒ほど蒸らしてから取り出すとき、最後の1滴まで出し切るよう、しばらくはカップのうえでキープしてください。ティーバッグの場合は一煎目で旨みがほとんど出てしまうため、2杯目を飲むときには新しいものを用意しましょう。また入れたままにしていると、濃くなりすぎて苦く感じてしまうので注意が必要です。以上4つのコツをご紹介しましたが、1つ1つの動作を丁寧に行うようにすると、よりおいしく飲むことができます。複数人のお茶を淹れたいときには、人数分のティーバッグを急須に入れて、まとめてお湯を注ぐこともできます。

お茶の里城南自慢の深蒸し茶はこちらから