お茶の里城南 ホーム > お茶の豆知識 > べにふうき茶の効果をたっぷり味わう

べにふうき茶の効果をたっぷり味わう



アレルギー症状に効くべにふうき


べにふうきは茶農林44号のことで1993年に野菜茶業研究所によって枕Cd86とべにほまれと呼ばれる茶農林1号をかけ合わせて紅茶用に開発されたものです。紅茶としてはあまり注目されませんでしたが、緑茶として加工することでメチル化カテキンが多く含まれ抗アレルギー効果があることに注目され、製品化され注目されるようになりました。紅茶とは加工法に違いがあるため、紅茶へ加工した際にはメチル化カテキンは含まれません。日本では紅茶の加工より緑茶の加工のほうが積極的なため、緑茶としての開発が進んだのです。
アレルゲン物質が体内に入ると抗体を作って炎症物質を出し、くしゃみや鼻水が出る現象へと繋がります。メチル化カテキンは炎症物質や抗体を作ることを抑える働きがあり、アレルギー反応であるくしゃみや鼻水・眼のかゆみ・皮膚のかゆみなどを抑えることへとつながります。ポリフェノールの中でタンニンのストリクチニンという物質も含まれており抗体の変換などを抑え、もうひとつの成分である茶カテキンは炎症物質であるヒスタミンの放出を抑える効果と活性酸素消去作用によって鼻のアレルギー症状などが緩和されます。人によって効き目が違いますが、完全に症状がとまるというわけではなく、症状の緩和や継続して飲み続けることで徐々に効果が現れます。お茶などの中では他の種類に比べると即効性や持続性が高いですが薬に比べると即効性や持続性は劣るので、継続的に飲むことが大切です。
べにふうき茶は透き通った紅茶に似た紅色をしていますが、多く含まれているカテキンが渋味成分のため独特の渋みがあります。メチル化カテキンは3時間から4時間ほどで効果が切れてしまうので、1日の中でも数回に分けて飲むことで効果を持続することができます。薬の飲めない妊婦や小さな子供でも安心して使用することができ、眠気などの副作用もないため安心して飲むことができます。

べにふうきのそのほかの効果


べにふうきに含まれるメチル化カテキンは、他のお茶には含まれていないとされておりべにふうきが特別な存在であることがわかります。メチル化カテキンは、通常の緑茶などに含まれているカテキンに比べて体内への吸収力が良く脂肪の蓄積を抑える効能があります。脂肪の蓄積を抑える効能はダイエット効果へとつながります。
カテキンはフラボノイドの一種のため、コレステロールの調節や血圧の上昇を防ぐことができます。血流の流れの改善に効果があるため、冷え性やむくみの改善にも効果があります。また、強力な抗酸化作用があるため老化防止の作用もあります。体内のさまざまな器官の老化防止や皮膚や髪の毛などにも効果があるとされています。
べにふうきにはビタミンCも含まれています。緑茶の中にあるビタミンCは80度以上の高温になっても成分が破壊されない性質を持っています。そのためビタミンCによる効果も大きく、シミやソバカスの改善や予防・美肌や美白効果があります。
このほかにも緑茶には殺菌効果がありその効果はアルコールよりも強力であるとされています。口腔内の殺菌により口臭予防や口腔内の病気予防に効果があります。緑茶からエキスを抽出して皮膚に塗ることでニキビや吹き出物の予防や悪化を防ぐことができます。

べにふうきを利用した商品


1993年に開発され、花粉症に効果があると公表されてからべにふうきを利用した商品が次々と販売されています。
お茶に関しても、ティーパックや粉末タイプなどさまざまな種類が登場しています。それぞれの企業で茶葉の抽出方法などにも工夫がされているものが多いです。茶葉タイプのものはパウダータイプのものに比べて成分が違い、中にはメチル化カテキンの抽出量が6倍以上のものもあります。同じべにふうき茶でも製品や製造方法によって成分がまったく違うため、効果をしっかりと高めたい方には製造方法や含まれている成分量をしっかりと確認することがおすすめです。
べにふうきはお茶のほかに、あめやサプリメントなどにも利用されています。花粉症用に同じく効果があるとされる甜茶と組み合わせて作られたものも多く見られます。お茶だけでなく生活スタイルに合わせて他の商品を利用することもおすすめです。
べにふうきを使用した商品を購入するには、お茶の専門店や健康食品を取り扱っているお店で取り扱っていることが多いです。商品によっては、スーパーやドラッグストアなどで取り扱われている場合もあります。独自の商品の場合はインターネットで販売されている場合も多く、インターネットでの購入であれば在庫の確認も同時にできることやまとめてたくさん購入することが可能な場合もあり、店舗へ足を運ぶことなく手に入れることができるので便利です。他の商品と一緒に購入することもでき、たくさん購入することで送料がかからない場合などもあるのでまとめての購入がおすすめです。