お茶の里城南 ホーム > お茶の豆知識 > お茶好きには確実におすすめの美味しいくき茶

お茶好きには確実におすすめの美味しいくき茶



あまり知られていないくき茶の美味しさ



日本人にとって、お茶は欠かせない文化であることは間違いないでしょう。しかしながら、お茶について詳しく知っているのかというと、そこまでではない人が多いのが現実でしょう。お茶にはいろいろな種類があります。緑茶、ほうじ茶、麦茶、最近ではゴボウ茶などといったものもありますが、これらを大きく分けると、お茶の葉を使ったものとそうではないものに分けることができます。緑茶やほうじ茶はお茶の葉を使っていますが、麦茶は麦でゴボウ茶はゴボウですから、別のものといえるでしょう。では、くき茶とはどのようなお茶なのでしょうか。

お茶には、新芽の部分や茎、粉、堅い葉などがまざったものがあります。これを荒茶と呼びますが、なかなか知られていない言葉です。この荒茶は、非常にいろいろな部分が混ざってしまっているため、どうしても雑みが出てしまいます。もちろん荒茶を好む方もいますが、雑みのないものを作るためにはさまざまな方法によって、部分ごとに分けることが大切です。ふるいにかける方法もありますし、風に当てて軽いものを飛ばしたりする方法がありますが、最近では静電気を利用した方法まで使われます。これによって、新芽やくき、粉、堅い葉に分けることによって、お茶として販売しています。このくきを使ったものがくき茶です。あまり出まわったりしないこともありますし、茎を使っていることから2級品なのではないかと思われたりしますが、これは大きな間違いです。甘みも香りもうまみも強く、お茶としてもっとも強い力を持った部分のため、お茶好きにおすすめといえます。



スッキリとしてうまみと甘味が強いくき茶



くき茶の特徴は、なんといってもそのうまみと甘味です。茎と聞くとなんだかシブそうに思えますが、そんなことはありません。きれいに選別することでさわやかな味わいになり、うまみが強くなります。これは、葉っぱよりもうまみ成分が強く、2倍も含まれているといわれています。香り成分に関しては1.5倍、甘い香り成分は4倍も含まれているのですから、葉っぱの部分よりもお茶としてのうまみがあるといっていいでしょう。

実は、渋みも少ないといった特徴を持っています。渋み成分のカテキンは、光合成によって出来上がっていくのがお茶の特徴です。ところが、茎の部分は光合成をほとんどしません。そのため、渋みが少なく雑みが少ないさわやかなお茶になるのです。その分だけ、お茶としての色合いは薄くなります。淹れた時には色が薄くお茶らしさを感じないかもしれませんが、飲んでみるとその見た目と違う甘みに驚くことでしょう。

こうした性質を持っていることから、お客さまに出すときにはあまり使われません。お茶らしい色合いに欠けるため、どうしても美味しそうに見えないということがあるからです。お茶の産地でも普段用のお茶として使われることが多くなりますが、逆にくき茶でなければ嫌という人もいます。それほど美味しさがあふれ、普段から使うことを考えると、飲みやすいお茶としておすすめでしょう。



くき茶の美味しい淹れ方



くき茶を淹れる時には、味わいが出にくいということを考えていかなければいけません。そのため、抽出時間は少し長めにしてあげることが重要で、あとは深蒸し煎茶のように入れていきます。

お湯に関しては、あまり神経質になる必要はありません。カルキなどの臭さがないようにしてあげればいいでしょう。気になる場合には、蛇口を開き、しばらくしてから入れるだけで違います。特に朝一番は、水道管に臭いが詰まっていることがありますので、少しでも流してから使うのがおすすめです。あとは、やかんなどのふたは開けて沸騰させて、3分ほど放置します。これだけで臭いを抑えることもできます。ただ、あまり長く放置すると金属の臭いがつきますので注意しましょう。

温度は80度ぐらいが適当です。沸騰したお湯はいったん湯のみに入れてあげると下げることができます。湯のみも温められますので、手軽にできる方法です。3人分なら急須にティースプーン2杯程度入れて、200から300CC程度お湯を注いだら、蓋をして1分弱置きます。少しずつ、湯のみに入れ分けていくようにして、最後の1滴まで入れるようにするといいでしょう。最後の1滴は、紅茶ではゴールデンドロップとも呼ばれる、うまみの詰まった1滴です。美味しい部分ですので、注ぎ切るようにします。二杯目を入れる時には、急須にお湯を入れたら待たずに湯のみ注ぎましょう。これが美味しさのポイントで、一杯目で蒸されているため、二杯目のほうが美味しいこともあります。

くき茶は飲んでみるとその美味しさに驚くでしょう。産地以外では意外と知られていないこともありますが、お茶を専門に扱っているところでは販売しています。値段も手ごろなものが多くありますし、玉露などの茎で作ったさらにうまみの強いものもありますので、お茶好きであれば一度は飲んでいただきたい、おすすめのお茶です。