お茶の里城南 ホーム > お茶の豆知識 > お茶の豆知識と二番茶について

お茶の豆知識と二番茶について



お茶を美味しく飲むために知っておきたい情報


お茶には様々な品質が存在しており、選び方によって味も変わりますが、それ以外にも美味しく飲むためには様々な方法があります。せっかく飲むのであれば美味しくしたいと思う方が多いでしょう。ここでは美味しく飲むために知っておきたい情報について紹介します。まず1つ目は水です。例えばせっかく高品質のお茶を購入したとしても、水の品質が良くないと味が落ちてしまいます。淹れる時には必ず水は必要になりますが、例えば水道水を使用する場合にはカルキ臭を抜くことがポイントです。方法としては湯沸かしの際に沸騰し始めたらヤカンの蓋をとり、そのままの状態で3分から5分沸かしましょう。沸かしすぎもよくありませんが、3分から5分ならカルキ臭も抜けてより美味しく飲むことができます。
2つ目として、茶葉の量にもこだわりましょう。美味しく飲むためには茶葉とお湯の量のバランスが重要になります。例えばお茶の味や香りがあまりしないという方は茶葉が少ないのが原因です。薄いと感じるなら少し多めに入れるようにします。種類によって異なりますが、基本的に一人分は2グラムから3グラムほどが良いと言われています。あくまでも目安として考えてこれでも薄いという場合は増やしたり、濃い場合は減らしたりして好みに合わせて変えるとよいでしょう。
3つ目にポイントとなるのは、茶器です。お茶を美味しく飲むためには茶器にもなるべくこだわった方がいいでしょう。基本的には種類によって茶器を使い分けることがポイントです。例えば煎茶はやや小ぶりの急須を利用するようにしたほうがコクが出ますし、深蒸し茶は急須も細かい網目のものを利用した方がしっかりと味も出すことができます。茶器一つで味が変わるので、例えばどんな急須を選ぶといいのかというポイントにもこだわるようにしましょう。
4つ目に、お茶の保存にも気を使いましょう。お茶は多湿の空間に保存するとカビなどが生えてしまう原因になります。湿気を防ぐためにも気密性の高い容器を使うようにしましょう。また、できる限り温度変化の少ない涼しい場所に保存をした方が味も変わることはありません。保存方法も美味しく飲むためには重要になるので、購入後は気を使って保存をすることが大切です。

お茶を美味しく安全に飲むために気を付けること


お茶には様々な効果があると言われており人気を集めていますが、美味しく、安全に飲むためには気を付けたいこともいくつかあります。ここではそういったポイントを紹介します。
1つ目は、宵越しで飲むことを避けるようにすることです。お茶に含まれているタンニンは時間とともに酸化が進んでしまいます。また、急須の中に放置してある茶葉はたんぱく質や糖分、糖質類が残っており、カビや微生物が発生する原因になります。その為、美味しくいただくためにも、飲む時に茶葉を入れるのが基本です。
2つ目に、空腹時には薄くして飲むようにしましょう。例えば朝一番など空腹時に濃くして飲んでしまうと、胃を刺激してしまう可能性があります。なるべく空腹時は安全に飲むためにも薄めに淹れるかほうじ茶などを選択するといいでしょう。
3つ目に気を付けたいことは、薬と一緒に飲まないことです。お茶には様々な成分が含まれていますが、その中にはタンニンやカフェイン等が含まれています。これらの成分と薬の成分は化学反応を起こしやすいので、例えば適量を飲んだとしても薬の作用が過剰になったり、または抑えられたりしてしまう可能性もあります。しっかりと薬の効果を発揮できないですし危険なので注意するようにしましょう。
4つ目として、寝る前に飲むことを避けるようにしましょう。含まれている成分の中にはカフェインがあります。大脳を興奮させてしまい、そうなることで寝つきが悪くなる可能性が高いので、しっかりと睡眠をとりたい人は寝る前に飲むのは避けることをおすすめします。

一番茶と二番茶について


一番茶や二番茶といった言葉を耳にしたことのある人は多いはずです。お茶は時期によって異なりますが、例えば本場の静岡などでは3月の暖かくなるタイミングに芽が成長をし始めます。そこから1か月ほどかけて茶摘みの時期に入ります。基本的に茶摘みは4月下旬ごろから5月上旬ごろに開始されますが、この最初に茶摘みをされる茶葉のことを一番茶と言います。新茶というのは一番茶のことで、季節感のある旬のものとしてお茶好きの方には喜ばれるものです。
茶摘みは5月頃には一旦終了しますが、1回だけで終わるわけではありません。収穫した後には新しい芽が成長し始めます。その後一か月半ほどで茶摘みができるようになり、2回目に茶摘みがされる茶葉のことを二番茶と言います。さらにその後収穫されるのが三番茶、四番茶となっています。
栄養が多く含まれているのは一番茶になるので人気があります。日常生活の中でおなじみの、緑茶を焙煎したほうじ茶などもあります。お茶の種類によって風味は異なりますが、好みに合わせて選ぶとよいでしょう。