お茶の里城南の想い

朝起きての一服、、ひと息入れたい。
懐かしい人が訪ねてきた、ごちそうさまのあとに…。

急須で淹れたお茶は眺めているだけで心が和んでくるから不思議です。

時代を超えても変わらないこと。

わたしたちは、急須でお茶を淹れていただく楽しさと 一服のお茶を通して やすらぎと笑顔を作り出す…。

そんな時間を紡いでいきたいと思っています。

メールマガジンメールマガジンの登録はこちら